麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第104回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第104回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節四回戦B卓

▼対局者
多井隆晴
ASAPIN
Ⓟ谷口浩平
Ⓟ木原浩一

牌譜はこちら

 ソーズの染め手になりやすいように打とする手もありますが、雀頭が無いのでツモでノベタンができる価値も高い。打としてソーズを更に引いても、ドラなのでを切るかとなると微妙なところではあります。の価値が高いと言っても端の浮き牌の範疇を出ないので、個人的にはツモが噛み合った時に高打点になりやすい打としそうです。

 南家北家がを持ってなさそうですが、ピンズが受けならカンチャンを落とすところ。テンパイしないピンズツモで更に手広くなります。

 ツモで打ツモなら打待ち。ツモでも待ちのテンパイ。ツモでもテンパイしますが待ちは自分で2枚使っているペンになるので、ツモは打、ツモならツモ切りでテンパイを外すのがよいでしょう。ドラなので意識しなくても選びやすいですが、テンパイの外し方(くっつき1シャンテンか、雀頭無し1シャンテンか)が変わる一例です。

 打ツモでもテンパイを外す(テンパイ逃しがロスにならない)となると、実はを残して打とする手も候補に挙がります。ツモでテンパイを逃す代わりにツモでより高打点のテンパイ。ツモなら打で高め345三色が残る変化もあります。

 とはいえ、既にドラ2枚ある手で低確率の三色を残すメリットも薄いので打が無難でしょうか。ドラ無しなら今度はピンズチンイツへの変化が強いのでやはり打受け、ツモで345、456三色の両天秤)ならようやく有力になるというところでしょうか。

 ダマでも出アガリ30符4翻のリーチ判断。ドラそばのとはいえ、ダマなら西家からの出アガリは期待できそうではありますが、6巡目でこちらの河も強いとなれば跳満ツモ狙いのリーチが有力そうです。

 メンホンのくっつき1シャンテンというチャンス手。これなら親リーチ相手でも当分押しそうですが一旦打。次巡以降ならで振っても一発が付かない。打としてもテンパイを逃すのはツモのみで、ホンイツが崩れるとはいえツモでもテンパイ。

 テンパイした時に他家からみて、危険牌のを一発で通した後で現物を手出ししたとなると、周辺が待ちになっている高打点の手と読まれやすくなる。このあたりを踏まえたうえでの選択でしょう。

 2巡後をツモったところでは打としていることからもうかがい知れます。当分押すつもりの勝負手であっても、自分の手牌都合で最大限に手広く構えるのが最善とは限りません。

 西家は最高のツモで待ちテンパイ。東家から直撃すれば逆転もありましたがめくり合いを制したのは東家。まだ東1ながら60000点を超える大トップに躍り出ました。

 本日は天鳳名人戦第四節。明日から第四節の検討に移ります。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top