麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第123回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第123回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節三回戦A卓

▼対局者
多井隆晴
タケオしゃん
就活生@川村軍団
独歩

牌譜はこちら

 南家がホンイツ狙いの3フーロ。一目は打ちづらいですが、もしが当たるとすれば3フーロ目の時点では(雀頭)からのチー。しかしこの形ならを切った時点でポンしてテンパイに取るはず。よってこのは通せます。

 にラグがかかっていたので、からのチーで待ちが残るケースは否定されています。のくっつき1シャンテンからツモのケースは有り得ますが、可能性としては低いの満貫テンパイからなら押します。

 は鳴かれませんでしたが、今度はからツモ打で当たる可能性があるのでノーテンからは一旦止めます。

 字牌とが一通り見えたので、南家はより下の待ちとかなり絞れます。ここまで絞れればタンヤオドラ2テンパイとはいえ巡目が深い段階で押すのは見合わないと判断してを止めます。がドラとはいえ比較的通しやすそうなので、にくっついた時にテンパイに取れる打もありそうですが、ドラを切るリスクとアガった時の打点を踏まえて単騎テンパイに受けている他家がいる可能性もあります。多少テンパイが取りやすくなる程度のためにリスクを負うほどでもないとみて打

 当たるパターンがより下の牌よりは限られるので、アガリのリターンも大きいテンパイならくらいは押します。

 この時点でノーテンから東家がを切るとは考えにくいのでほぼダマテン。しかしスジのから打で当たるケースが否定できません。当たる組み合わせに大差ないならアガれる可能性を高くする打でしょうか。

  ツモで再度待ち選択。どちらかと言えばカンより待ちダマをケアしてか打。これを西家がチーテン。アンコ落としからうまくテンパイを入れました。

 が通って4枚見えなのでは安牌。四者が四者とも他家を意識しつつ全員テンパイ。点棒の動きはありませんが、何かと動きの多い一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top