麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第133回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第133回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節二回戦B卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ谷口浩平
Ⓢ福地誠
独歩

牌譜はこちら

 打としてを残せば1シャンテンになるツモでリャンカンができますが、大三元のチャンスまである手ならまだ発を残したいところ。そうなるとリャンカン受けを残すメリットは薄く、ツモのリャンメン変化を残す打というところでしょうか。リャンカンの価値はリャンカンより先に切られる牌がどの程度あるかに依存します。そのような牌がたくさんあるうちはリャンメンと大差ないですが、そうでなくなると通常カンチャンと変わりません。

 しかし今回はドラのリャンメンを落とすとはいえ、を残せばソーズホンイツに移行する変化も残せます。中雀頭の2000点よりは悪形残りでも満貫テンパイの方がよいので、個人的には打がよかったように思います。

 をチーして打発、打のテンパイ外しならツモかポンで12000と打点6倍になりますが、流石にかなり狭いのでテンパイ取りが無難でしょうか。

 かなりアガリにくくなりますが打点4倍になるならドラ単騎に受けるところ。他家視点からみれば大三元の種であるを切ってまでを残しているのが読みの材料。や、ならを残して打とされやすいので、テンパイからドラ単騎の待ち替えの可能性は結構高いと読めそうです。

 北は枚見えで純カラ。単騎の待ち替えをする時は特に場に切られている枚数を見落とさないようにしたいものです。

 今度は四喜和チャンス。チャンタの受けもあるので残し。ターツができるツモを逃す赤5を引いた時の比較で、フリテンになりにくいので一応から切りそうです。

 出来れば高打点の手にしたかったですが、ここからをスルーして満貫以上を狙うとなると実質受け入れの狭い2シャンテン。安手でもテンパイに取るに越したことはないです。

 東家は安全に降りるなら打中ですが、ドラが見えているので南家にで放銃しても安手。リーチしている西家にツモられるよりはよいので打。目論見通り1000点の振り込みで済みました。南家としても他家がこちらのアガリ牌を切ってくれる可能性が結構高いと分かっていればリーチに押しやすい。先行リーチが入っている中、字牌待ちでテンパイした場合は結構このあたりの情報が押し引き判断に影響しそうです。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top