麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第134回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第134回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節二回戦C卓

▼対局者
石橋伸洋
タケオしゃん
就活生@川村軍団
おじさん

牌譜はこちら

 2巡目でドラ3テンパイ。最序盤につきツモの手変わりも見たくなりますが、既にドラ3なので打点的メリットが薄く、カンチャンの中では比較的アガリやすいカンであることも踏まえると即リーチでしょうか。ドラでないなら打点的メリットが大きく、巡目的にマンズソーズの浮き牌を引いて打とする二段階変化までみる余裕があるとみてダマにします。

 このツモ切りでツモってもフリテン。手変わりの価値が落ちたのでこれならリーチと思いきやダマ続行。

 次巡ツモで切りリーチ。「ツモ切りリーチは悪形待ちの可能性が高い」と読まれるのを嫌って空切りかスライドできる牌を待ったというところでしょうか。手変わりするまではリーチしないと決めつけなければ、少ない手変わりを狙って一旦ダマにするのもそれほど損ではないとみますが、どのタイミングでリーチに踏み切るのが最善かを検証するのは非常に難しいです。

 浮き牌へのくっつきで手が進む2シャンテンで、345三色やドラ引きもあるためかをスルー。

 しかし後付けになるはチー。個人的には役牌をポンするのが最もアガリやすくなり、アガリやすい手なら安牌を減らして守備力が落ちるのはカバーできるため、「役牌はスルーするけど他からは鳴く」という判断はあまりやりません。まずまず余裕のあるトップ目ならではの判断というところでしょうか。

 チーからの単騎チャンタがあるので、1巡目からいきなりドラを切るのが一番アガリやすそうではあります。しかしリードしているとはいえまだ東場。メンゼンでメンツが埋まるようならまだドラは引っ張ってペンチャンを落とすところとみて南から切りそうです。

 以外のテンパイする牌、ツモで大幅に打点が上がります。他で雀頭が出来さえすれば打点が上がるなら唯一の雀頭を崩してシャンテン戻しとします。

 アガリ率を落として高打点を狙う場合は、後手を引いた時に危険牌を止めることを特に意識しておく必要があります。今回はで振ってものみ手ですが、東家の(雀頭)がで満貫放銃になることも少なからずあります。次巡にをチーして単騎のケイテン。結果的に当たり牌を止めつつテンパイ料を得ることができました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top