麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第142回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第142回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節一回戦A卓

▼対局者
多井隆晴
Ⓟ木原浩一
Ⓟ川崎たかし
タケオしゃん

牌譜はこちら

 一見をツモ切りそうですが、ツモで高めチャンタの三色目ができる変化があります。ツモでも残り2枚のシャンポンのリーチのみより、くっつき1シャンテンに取れる方がよいとみて打とする手が考えられます。場況的にもが良さそうなので有力とみます。

 もし打としていればここでカンのチャンタ三色テンパイ。は残り2枚ですが誰が引いてもツモ切りそうです。

 チートイツテンパイですがは共に両無スジ。東家が西のトイツ落としでリーチしているので、と何かのシャンポンより価値の高い受け、つまりリャンメン待ちの可能性が高い(実際は赤ドラ絡みのカン)となればなおのこと押しづらいです。

 通ればテンパイ料が得られる可能性が高いなら中盤の悪形テンパイより押しやすい。が通り、はドラ絡みのカンチャンやペンチャンがあるので切り。結果的にこれが絡みのカンに放銃。裏1で7700点になりました。

 手牌と河を合わせればチャンタ三色をアガリ逃した格好ですが、を河に切ることになるので南家も前の画像でを切ってチートイツテンパイに取ることができます。そうすると結果的に南家にアガられていたかもしれません。個人的には最初の画像で打としそうでしたが、手役を狙うほど河が弱くなるので、今回くらいの手牌、局面なら赤ドラ含みのリーチを目指す方がよいのかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top