麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第143回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第143回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節二回戦A卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ木原浩一
多井隆晴
タケオしゃん

牌譜はこちら

 チートイツ2シャンテン。メンツ手3シャンテン。面子ができる受けが多いのは打ですが、良形が揃うメンツ手2シャンテンになる受けが多い方がよいので打

 が既に残り1枚、メンツ手はドラを切ることになることを踏まえるとここでチートイツに決める打も有力そうですが、親ならクイタンドラ1で連荘も悪くないとみると選びづらい手ではあります。

 ドラがポンされたのでここはツモでもテンパイするようにドラ切り。4枚見えの牌は意識しておくようにします。

 3巡目にしてメンチン1シャンテンの大チャンス。北を引っ張ったところでこの程度なら染め手と読まれて出アガリしにくくなることを気にするほどでもなさそうです。単純にツモでもダマで高め出アガリ跳満なので切ります。

 満貫テンパイに取れる牌を鳴かないことはほとんどないのですが、今回はメンゼンならソーズくっつきで跳満以上の1シャンテン。鳴いた場合は手変わりがあるとはいえ残り2枚の満貫テンパイとなるとスルー。

 11巡目となるとカンの満貫テンパイに取りそうですがここでもスルー。

 理想はツモテンパイでしたが、実際はテンパイするツモの中ではイマイチなツモで残り2枚のシャンポンテンパイ。北家はドラとはいえ、ツモでサンアンコテンパイ。ツモは良形変化を逃す代わりにツモりスーアンコ1シャンテンになるので、打のところは打としそうです。

 テンパイからをチーしてテンパイに待ち替え。北家がをツモ切りして満貫のアガリとなりました。北家視点からすると字牌が一通り見えているので、西家が役有りテンパイだとするとソーズチンイツで満貫以上ですが、待ちだとするとメンチンテンパイからの待ち替え。待ちだとするとからの切りは3枚見えでが鳴かれてないこともあり想定しにくい。終盤でノーテンである以上一旦打がよいとみますが止まりにくいところです。

 鳴いて高打点テンパイなら基本的に巡目が早くてもテンパイに取るところですが、鳴きを遅らせることで他家から警戒されにくくなりアガリやすくなるという要素もあるので、今回のようにメンゼンで進めるメリットも大いにある場合はスルーも視野に入れたいところです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top