麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第144回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第144回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節三回戦A卓

▼対局者
タケオしゃん
多井隆晴
Ⓟ木原浩一
Ⓟ川崎たかし

牌譜はこちら

を残してもテンパイする受け入れは増えないのでドラを残しそうですが、ツモは打として高め三色、残りの赤5も使えるのでを切って満貫に届くことも有り得ます。この辺りのさじ加減が赤有りルールの難しいところです。

 ドラがかぶりましたが、赤ドラを全て使い切り南家との同テンで引き勝って4000オール。

 を2枚ともスルーしたのでほぼチートイツ本線。テンパイ時の待ち候補は十分あるので、一応受けを残しそうです。

 456牌を多く切ってリーチ宣言牌が。リャンメンで当たる候補が限られているのでチートイツの字牌単騎やペン待ちのケースも少なくなさそうです。悪形残りの安手1シャンテン程度なら北も切らずに引き。も現物ですが1シャンテンに取っても即リーチにいきづらく、打なら重なりからツモという勝負に十分見合う手順が残ります。

 ラス前トップ目、なら役有りとはいえ素点を稼ぐに越したことはないとみてリーチしそうになりますが…



 リーチしてをツモると通算トップの多井プロが3位に浮上します。優勝を目指すなら最も着目すべきは通算トップとのポイント差。ダマでツモったので多井プロがラス目のままオーラスになります。

 先程と同様に考えると、ここは西家に対して絞って北家のアガリに期待した方がよさそうです。ただし次節以降の足切り回避を踏まえると確実にトップを取っておきたいというのも事実。大会形式ならではの難しさです。

 西家にテンパイを取られましたが、北家が同テンで追いつく展開になり流局。通算トップがラスに終わり、まだまだ誰が優勝するか予想が難しい展開になりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top