麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第145回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第145回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第七節四回戦A卓

▼対局者
多井隆晴
タケオしゃん
Ⓟ木原浩一
Ⓟ川崎たかし

牌譜はこちら

 チートイツ1シャンテン、メンツ手3シャンテン。ドラ表示牌のから切って字牌を残します。


 こちらもチートイツ1シャンテン。東家の切りからが使われてないとみて残し。ただし東家以外は使っていないかどうか分からず、西家も切りからは使ってなさそう。リーチツモ東赤でも満貫に届くので受けを残すに越したことはないとみました。


 メンツとしては3シャンテンなのは変わりませんが、ツモならタンヤオ2シャンテン、こうなればメンツ手になる手順も残したいところ。序盤からのリャンメンを落としてまで字牌を抱えるとチートイツが読まれやすいというのもあります。裏ドラの載りやすさで発を残して打


 片アガリですがポンテンで3900のテンパイ。鳴いて3翻ならテンパイに取ることが多いですが、ツモなら高め跳満まであり、トイツやにくっついて良形、三色変化もあるので、からは鳴いてもはスルーする手もありそうです。


 鳴いても高め満貫まであるタンヤオ手。こうなれば1シャンテンからでもチートイツを見切ってトイツを落とします。

 チートイツ1シャンテンからクイタンに移行した南家とは対象的に、北家は何と四暗刻テンパイ。東出アガリならダマでも跳満となるとシャンポンでダマが無難そうではあります。

 しかし他家全員が仕掛けているので、アガリに近い他家の手を止めてツモりにいけるメリットが大きいとみて打リーチも考えられますし、更には第3の選択肢として打ダマもあります。出アガリ60符なのでダマでも7700以上のうえ、は誰が引いてもツモ切りられそうな待ちになっています。役満ツモの可能性がある以上この段階ならそこまですることもなさそうですが、満貫出アガリでもトップ濃厚になる点数状況であれば考慮に入りそうです。

  ラス牌のをつかみ西家に3900放銃。今回はリーチしても同じ展開になってそうですが、山にはがまだ2枚残りで、ダマなら南家からでアガれていました。このあたりは結果論に過ぎませんが、高打点テンパイのような大チャンス手ほど、少しでも有利な選択ができるように、リーチ判断や待ち選択判断に力を入れたいところです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top