麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第153回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第153回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節四回戦A卓

▼対局者
Ⓟ川崎たかし
Ⓟ石橋伸洋
タケオしゃん
Ⓟ多井隆晴


牌譜はこちら

 1枚使いのペンチャンが待ちとして残るのは厳しいとはいえ、ツモならを切っているを残してタンヤオくっつきを見るよりは即リーチに分がありそう。打で1シャンテンを維持します。

 ドラ待ちの片アガリとアガリにくい待ちが残りましたが、それでもラス牌のを鳴いてテンパイに取るに越したことはないのでポンテンに取ります。

 西家からリーチ。安牌が無い以上押す一手ですが、4枚見えのためよりで当たる組み合わせが多いことから打でした。4567から4を切るか7を切るかは実戦で何度も出現する選択なので、今回のように明暗を分けることも少なくありません。

 現物待ちとはいえ平和ドラ1。平場なら加点重視の追っかけリーチもありますが、タケオしゃんは川崎プロがラスのまま終われば足切り回避、逆に自分がラスになれば足切り確定。ここでは少しでもアガリ率を上げるべくダマに構えます。

 3枚見えで北家はの出が早い。これもよりはカン、ペンの組み合わせが残っている可能性が高いとみて打

 西家は北家にツモられる分には2着目との点差が広がるので好都合。2枚無スジを切ってきた南家は現物待ちダマのケースがそれなりにあるとみてを合わせ、次巡安牌が増えなければは両者にスジで悪形待ちにも当たりにくい打としそうです。しかし2件リーチから手詰まりして振り込むのはなおのこと避けたいので、南家がまだテンパイしてないとみてを切りたくなるのが人間心理。このアガリが活きてタケオしゃんは足切り回避、前局からの連続ラスが響いた川崎プロが足切りという結果になりました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top