麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第162回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第162回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第十節二回戦

▼対局者
Ⓟ石橋伸洋
Ⓟ多井隆晴
タケオしゃん
就活生@川村軍団

牌譜はこちら

 手牌だけならツモでフリテンにならず、ツモの変化もみて打とするところですが、その読みを逆用してを出やすくする狙いの打。優劣を判断するのは難しいですが、ドラをポンして他家に警戒される中、少しでもアガリやすくしたいからこその手筋です。

 対リーチで悪形のみ手テンパイ、切る牌がドラのとはいえ降り切るのも難しくテンパイにとる一手。

 待ちが絞れたところで両スジのトイツ落とし。を押す選択との比較は難しいですが、にくっついても再度テンパイできること、序盤からペンチャンをから切っているのでリーチの良形率が高いことから引き寄りと判断したというのもありそうです。

 を引き戻してラス牌ので出アガリ。はまだ山に2枚残っていました。この手のケースがあるからこそ、終盤の押し引きは迷わされます。

 ドラ3ですがが枯れていて、もポンされて残り1枚と苦しい形。ただし上家下家の仕掛けはともには通りやすい。打なら次巡ツモでテンパイしていました。

 東家とは同点で席順3着。東家にアガられて連荘されても次局以降僅差の西家を捲ればよいので、1メンツも無いこの手ならまっすぐアガリに向かうよりは安牌を抱えつつ、西家へのアシストも期待するのも一手。ただメンツ候補不足でクイタンに移行できる手となると、この時点ではまだ客風を打つ手もあり難しいところです。

 安牌を意識しつつ手を進めていたにもかかわらず、最後のツモ番で手詰まりの局面。リーチ宣言牌がなので、前巡のがリャンメン固定の先切りでないなら、も通っていることからも通ることになります。

 問題はそのうえでどちらが通りやすいと言えるか。は4枚、は5枚見えているので、その点ではの方が待ちとして残っている可能性が高いように見えます。2巡目でを切っているとはいえ、客風よりは後なのでを持たれているケースが特に多くなるというわけではなさそうです。

 ただしこの程度なら、西家がを持っている可能性が微かに高いとみてを切る手もありそうなので迷うところ。結果的に放銃でラスとなりましたが、検証の余地があると考えさせられました。

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top