麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第81回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第81回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第八節一回戦A卓

▼対局者

Ⓟ松ヶ瀬隆弥
タケオしゃん
就活生@川村軍団
Ⓢ福地誠

牌譜はこちら

東1局

を切っているとはいえタンヤオ、678三色変化が強いとみてペンチャンを外しそうになります。しかしツモなら1シャンテンを維持した方が三色がつきやすく、序盤からドラを切った南家、カンチャンを外している西家の手が早そうなこともあり1シャンテン取り。

1種しかない三色変化よりは即リーチの手。シャンポンがどちらも3〜7牌のうえ、後引っ掛けにならないことから比較的アガリにくいとみてカンチャンを選択。結果的にツモあがることができました。

東1局1本場

メンツ候補が揃ってないところからのリャンメンチー。赤2枚あっても基本はスルーするところですが、東家南家がともにヤオチュウ牌切りからの3〜7牌切り。最初から3〜7牌を切り出している場合は、ヤオチュウ牌を軸とした手役狙いでアガリに遠い場合が多いですが、このケースは序盤からアガリに近い可能性が高い。速度を合わせるために鳴きます。

受け入れを増やす牌も見逃さずに鳴きます。

西家は序盤からリャンメンで仕掛けたので他にドラがある可能性が高いというのもありますが、そうでなくとも西家テンパイでこちらがノーテンなら通っているから切るところ。手牌だけでみればドラを頭固定するところで、ドラ3の良形1シャンテンとなれば押したくなるところですからミスが起こりやすい。打牌の前に押し引き判断を考慮しておくことの重要性が分かります。

東2局

メンツ手3シャンテン、チートイツ2シャンテンにつきトイツを残す打

チートイツを見切って良形残りの2シャンテンに受けますが、同じ良形残りならツモで受けが広くなるように打が基本。の方が安牌になりやすいので将来他家のテンパイが入った場合に押し返しやすいというのもあります。

は両スジですが、ターツや安牌になりやすいよりもが残されたとなると、からの切りは十分想定されるところ。1シャンテンからは押せないとみて降りますが、前図で打、1巡前に打としていればここで打として1シャンテン維持。テンパイで勝負でアガることができていました。

東3局1本場

この跳満を上家からアガってトップとなりましたが、上家の手は何と5メンチャン。上家の立場からすれば不運であることこのうえないですが、ここで跳満に振るならミスが無くてもラスであっただろうから、実質ミスが帳消しになってついてると前向きに捉えるのは私くらいかもしれません。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top