麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第95回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第95回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

最終節一回戦

▼対局者
Ⓢ福地誠 
就活生@川村軍団
おかもと
Ⓟ醍醐大

牌譜はこちら

東3局

アタマが無くドラなのでを残しての受けが強い。余裕のあるトップ目なので安牌になりやすい字牌残しも一つの手ではありますが、先制テンパイが十分見込めるこの手牌なら平和のつきやすさも踏まえてから切りそうです。

鳴いて満貫テンパイならほとんどのケースで取りますが、メンゼンならダマでハネ満以上。ツモ以外のマンズでテンパイするくっつき1シャンテン。この局が独立した半荘だとしてもスルーに分がありそうです。

全てのピンズでテンパイする手広いくっつき1シャンテンになりましたが、もし配牌で字牌から切っていればここでハネ満をアガっていました。

フリテン3メンチャンでテンパイするも、西家が北家のダマハネ満に振り込み。西家の立場としては、同じ現物なら北家が仕掛けて南家のリーチに押し返し、結果的に横移動が起こる可能性を上げるのが望ましいのでを切るところ。この放銃は避けようがありません。

東4局

現物が1枚も無いところからスジで放銃。北家は西家のソーズ染め傾向をみてソーズカンチャンを払ってリーチ。ソーズ待ちよりアガリやすそうなピンズカンチャン待ちはあり得るところ。当たる組み合わせを考慮すれば、残り1枚ずつのを持っている時にだけ振り込むの方が通りやすそうです。

南4局

ツモ裏の逆転を狙いますが西家のアガリ牌を引いて半荘終了。トップを取らなければ優勝が厳しい点数状況ならツモ裏のトップをみて打リーチとしますが、西家はリーチ棒込みでダマ1600でも2着に浮上するのもあり、終盤ならリーチの現物切りで単騎に受けるのは妥当なところ。総合トップの福地氏が初戦ラス。醍醐プロがトップに立ったことで両者の得点差は僅かに10.7pt差となりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top