麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第28回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その28」

ネマタの戦術本レビュー第28回「スーパーデジタル麻雀 著:小林剛 その28」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

第五章 読み

(4)「科学する麻雀」で、「裏スジは危険ではない」ということが示され、従来のセオリーが覆されましたが、これは、「一般論として、裏スジ全体の放銃率は、裏スジ以外の無スジと大差無い」という意味であることに注意が必要です。

 これに対し、「序盤の手出し牌に関しては裏スジが危険である」という反論も寄せられましたが、これについても、「裏スジ以外の無スジと比べて危険とは言えない」ことが示されています。

 本で示されていますように、「序盤の裏スジと、テンパイに近い段階の裏スジ」との比較であれば、序盤ほど切られた牌が、面子を構成しにくい浮き牌である可能性が高いので、序盤の裏スジの方が危険であると言えます。ただし、245とある場合は2が早めに切り出されやすいことは言えるので36が待ちとして残りやすいことは言えても、3については36待ち以外には当たりにくくなるので、序盤の裏スジ全体が、裏スジ以外の無スジと比べて危険になるとは言えないのです。

 序盤に5が切られている場合の19牌については、端牌なので元々の危険度が比較的低く、悪形待ちに当たりにくくなることもないので、5が切られてない場合に比べて明確に危険になると言えます。(1)でも申しましたが、限定的にしか成り立たないものを、一般化しようとしたところに問題点があったわけです。

(5)「宣言牌のまたぎスジは危険」というのも、限定的にしか成り立たないものを、一般化しようとして誤りになってしまった読みのセオリーの一つです。最近言われている、「宣言牌の裏スジは安全」というのも、「宣言牌のまたぎスジは危険」の裏返しと言えます。

 無スジ全体から見れば確かに安全と言える部類ではありますが、「安全」というのは降りている時に安牌を選ぶ際や、降り本線ではあるが安牌を切るならシャンテンを維持してアガリやテンパイを目指す場合に考える話なので、セオリーとして用いるには例外が多過ぎるわけです。

 全体的には比較的通りやすく、当たるとしたら限定的なケースのみであっても、そもそも待ち牌が絞れて当たり得る牌が限られている場合は、本当に限定的なケースである可能性も珍しくなくなります。残っているスジがどの程度あるかも意識しておかないと、読みを過信して押し過ぎてしまいがちなので注意が必要です。

本記事に関するご紹介

スーパーデジタル麻雀
麻雀最強戦新鋭プロ戦優勝、将王3度獲得、第1・2期天鳳名人戦連覇など、麻雀プロの中でも、ネット麻雀でもすさまじい勝率を誇る小林剛(こばやしごう)プロの戦術本。
ツキ、流れ、勢いといったあいまいな表現を嫌ってきた著者の明晰な頭脳で、麻雀を論理的に限界まで語りつくされてます。
 
著者名:小林剛
発売日:2016年05月16日
定価:本体1,300円+税
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top