麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの戦術本レビュー第175回「フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ 著:雀ゴロK その25」

ネマタの戦術本レビュー第175回「フリー麻雀で食う 上級雀ゴロゼミ 著:雀ゴロK その25」

CABO求人ニルウッドカバー

三限目 講座7

 悪形でも満貫テンパイなら、切る牌が無スジドラであっても基本は押し。今回はラス前でラス目なのでなおのこと押しますが、素点が戦績に反映され赤ドラに祝儀がある雀荘戦なら、残り局数が十分あるうちはリードしていても押すことが多いです。

 をポンしたうえでドラまで勝負しているとなると、他家からは役牌をトイツ以上で持ったテンパイであると読まれやすく、リーチ者以外からはの出アガリはあまり期待できなさそうですが、この巡目で河に特に情報がない以上、は2枚とも山に残っている可能性が高いとみます。

 役有りのカンチャン待ちは残り4枚とはいえ、多くの場合は何枚か他家に使われているうえにリーチ者以外からの出アガリはあまり期待できないにもかかわらず、高打点テンパイなら基本押し有利という結論が出ているのですから、今回は後付けという理由で押し引き判断を変えるほどではないとみます。
 
 ただし、後付けに限らず、悪形テンパイの場合全般に言えることですが、押し有利というのはあくまでアガリ牌がある程度は残っている事が期待できることが前提です。

 いくら高打点テンパイであっても、無い牌では待てません。山に残って無いと確信できるほど読めるケースは稀ですが、例えば今回のような後付けテンパイで他家から見て残っている役牌がのみで、テンパイから数巡してもあがれないまま他家からリーチ、残り二人の他家はリーチがかかる前からこちらの仕掛けに降り気味に打っているとします。

 これならは出アガリが期待できないばかりか、既に降りている他家に抱えられている可能性も高くなります。こうなったら流石にリーチに通っていない牌は止めて降りるよりないところです。

 後付けを必要以上に嫌う必要はなく、リーチがかかってテンパイからでもアガれそうにないと判断したら降りればよいだけですが、積極的に鳴いていてもアガリにあまり結びつかず、結局不利な押し引きを強いられることが多いという方は、手作りの段階で、鳴いた方がかえってアガリにくくなるとまでは言わなくても、他家に手役絡みの牌を止められやすいとなるとあまりアガリやすくなっているとは言えず、それならメンゼンで進めた方がいいという局面でも仕掛けているかもしれません。

 押し引きの段階に入る前に、より有利な押し引きができやすいような手組を目指すことも心がけたいものです。

本記事に関するご紹介

発売するや大増刷を重ねた雀ゴロK本の第2弾!
今回は中級者を完全に脱出するために、前著の内容をグレードアップ。ライバルの一歩先をいく手順や鳴きのテクニックから、立体牌図を使った押し引き判断、トップをもぎ取るためのオーラスの攻め方まで、あらゆる局面で使える実践打法を網羅。本当の強者になりたい人、必読の書!
 
雀ゴロK (著)
発売日:2016年7月25日
定価:本体1,404円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top