麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第302回「手作りと押し引きの鉄戦術  著:福地誠 その9」

ネマタの戦術本レビュー第302回「手作りと押し引きの鉄戦術 著:福地誠 その9」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

Q31 打

 リャンメンがメンツになってテンパイした場合、ダマ跳満(役役小三元ドラドラ)の単騎と、リーチして満貫(4翻)のリャンメン待ちならむしろ前者がよいので、大三元の夢までみてリャンメンを落とすのも案外悪くありません。

 しかし、麻雀は素点だけでなく着順を競うゲーム。8巡目となれば切りが無難とみます。4巡目くらいなら落としとします。ドラ無しなら打点差が大きいので、8巡目でもリャンメンを外してそうです。

Q32 スルー

 鳴くとツモれば1300−2600とはいえ、出アガリは1300止まり。打点差が大きいので、これも4巡目ならスルーとします。

 西から出た場合はツモってものみのテンパイですが、テンパイを維持しつつトイトイ三暗刻への変化が残ること、スルーすればコーツができる可能性も減ることから、こちらは鳴いた方がよいとみます。

Q33 打

 鳴きがきく良良1シャンテンということは、良形テンパイになる受け入れが上家からのチーを含めて実質8種あることになるので、カンチャンテンパイと比べてもそれほどアガリ率は落ちません。一方、どんなに手広い1シャンテンであってもリャンメンテンパイほどアガリやすくなることはありません。満貫のカンチャンテンパイと3900リャンメンテンパイの比較でも前者有利になることが多いですから、今回はなおのことドラを雀頭固定した方がよいでしょう。

 読みの観点からすると、とドラ受けリャンメンをあえて外すということはドラを雀頭で持っている可能性が高いということになるので、他家がこのような切り方をしてきたらマークした方がよいです。もちろん警戒されて鳴けないとしても打が打に比べて悪いということはないので、他家の動向に関係無くここでは切りとします。

Q34 打

 ラス前トップならドラ東が重なるより、役牌南が重なって仕掛けがきくようになる方が手牌としての価値も高いので東を切ります。ドラが役牌の場合は、トップ目でも2着と僅差なら鳴いても高打点の手になるに越したことはないのでここでは切り。

 満貫ツモでも逆転されないようならわざわざ率先して切るほどでもないとみてやはり切り。そうでないならドラ切りというところでしょうか。 

本記事に関するご紹介

強者の思考が「すっ」と学べる問題集。勝負に直結する最頻出87問!
 
福地 誠 (著)
定価:本体1,404円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top