麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第559回「片山まさゆきの楽勝麻雀 著:片山まさゆき  その39」

ネマタの戦術本レビュー第559回「片山まさゆきの楽勝麻雀 著:片山まさゆき その39」

BULL2021求人ニルウッドカバー

Q79

 打ダマ

 点数状況を考慮した押し引き判断も最近では研究が進んでいます。トップ目とはいえ放銃した場合と、ツモられた場合とで縮まる点差がそれほど大きくない(親ならツモられた方が大きいことも多い)こともあり、悪形安手テンパイなら流石に降り有利になる領域も増えますが、良形または高打点テンパイならさほど判断を変える必要はなさそうです。押し有利とはいえダマ6400から更に加点するメリットもあまりなさそうなので、終盤残りスジ次第で降りる可能性やリーチ棒出費を考慮してリーチは控えてそうですが、裏ドラに祝儀がつくルールならそもそもテンパイ時点でリーチを打った方がいいのかもしれませんね。

Q80

 打ダマ

 麻雀順位予想計算機によれば下家に満貫を放銃してオーラスになった場合のトップ率94.4%。降りて対門に満貫をツモらて連荘されるとトップ率90.7%。自力でタンヤオのみをアガってオーラスになった場合はトップ率99.6%。これなら対門の親には通っている牌を切ってテンパイ維持がよさそうです。

 下家にあからさまな危険牌を切ると対門に恨まれると思って対門にスジのを切り、対門の親満と下家の跳満のダブロンを喰らって、「ヅガーン」と叫んで椅子から転げ落ちる豊臣君の絵が容易に思い浮かびました(笑)

Q81

 打リーチ

 「アガリトップ」と言っても、「アガらなくてもトップ濃厚」なら役満狙いもありかなと思ったのですが、この手牌なら流石に単純な局収支でも打リーチが勝りそうです。祝儀アリだとしても、この手ならリーチしてツモって、裏ドラ表示牌にがめくれたら4枚オールでいいですね。

本記事に関するご紹介

場を制するのはビリーヴかチキンか!?
85問の問題を収録し、それぞれに雀風の異なる打ち手の意見とオススメの打ち方が書かれている。
コラムも充実の楽しく読める一冊!

 

片山まさゆき(著)
定価:1,296円
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top