麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第860回「『ウザク式麻雀学習 牌効率』著:G・ウザク その4」

ネマタの戦術本レビュー第860回「『ウザク式麻雀学習 牌効率』著:G・ウザク その4」

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

1ヘッド

テーマ13

 3ヘッド最弱理論はこちらでも取り上げました。「トイツをメンツ候補としてみる」「メンゼンで進める」「七対子や刻子手がない」の3つが同時に成り立って初めて、3つ目以降のトイツがカンチャンより価値が低いと言えるので、例外が多いことには注意が必要です。

 しかし、2ヘッド理論で取り上げられたように、基本はカンチャンよりシャンポンであることから、カンチャンを優先するケースは意識していないと選びにくいもの。特に手作りの知識が身に付いてない段階は、誰しもシャンポンを優先しがちですから、どのようなケースでカンチャン有利かを踏まえたうえで対応できるようにしましょう。

ヘッドなし

テーマ14

 例題Aは「鳴き手」なのでカンチャンより3トイツ優先。それで間違いないのですが、実はこの手牌、ポンしている中のコーツを、メンゼンのシュンツに置き換えたとしても、トイツをほぐすより3トイツ維持の打が有利です。

 のコーツをメンゼンのシュンツに置き換えることで、「メンゼン」「コーツ手がない」が成り立ちますが、3トイツともフォロー牌ありでヘッド候補が決まっていないため、もう1つの要素、「トイツをメンツ候補としてみる」が成立していないことが原因です。

 牌姿を更に変えて、ならどうでしょう。今度はヘッド候補がで決まっているので、3トイツ維持よりトイツほぐし。打がよくなります。少しややこしいですが、ヘッド候補なのかメンツ候補なのかは意識的に区別するようにしましょう。

テーマ15

 メンツ手ばかり見ているとチートイツに気付きにくくなります。トイツをほぐす前に確認しておきましょう。トイツ3つでもメンツが1つも無ければ、チートイツテンパイまで3手、メンツ手は5ブロック揃っていても3手。チートイツを見るに越したことはないとみてトイツはほぐさない方がよいでしょう。

 アガリまでの手数が同じならチートイツを見るに越したことはないですが、チートイツを見切ることでより価値の高いメンツ手になる受けが出来る場合は例外。例題Cはチートイツ1シャンテンよりタンヤオ三色イーペーコー1シャンテンの方が打点的に明確に有利であることから、トイツをほぐす打とします。

ウザク式麻雀学習 牌効率

もっとも早くテンパイするには? アガリへの効率的な考え方とは? これまで発行した「麻雀傑作何切る300選」「麻雀定石何切る301選」の理解がぐっと深まる「牌効率」の考え方をやさしく解説。「何切る」読者なら絶対に欲しくなる、そしてこの本を買った人は逆に「何切る」本が欲しくなること必至!

【ココがPOINT!】
1 これまでの問題集スタイルの「何切る」シリーズに対し、参考書的立ち位置。難解だった問題が理解できるように。
2 例題をまとめてインデックス的に再掲することで、繰り返し解くことができる!
3 イラストが入り、初心者でもすらすら読める!

著:G・ウザク(@mjbook
単行本:1,404円
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top