麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
土田の麻雀道 79.字牌に心血を注ぐ

土田の麻雀道 79.字牌に心血を注ぐ

CABO求人ニルウッドカバー

 負けているときの字牌の扱い方で、その打ち手の麻雀観、麻雀哲学、思想信条、といったものが透けて見えてきます。麻雀というゲームを大切にしている人は、字牌の扱いが丁寧です。

 負けているときは、要らない字牌がポンされやすい状況に置かれやすいです。字牌をポンされて、和了られてしまうという負の連鎖が続いていくケースが多いです。南場で役牌をポンされるのは、だいたい点棒がない側ですので見てみてください。この仕組みを分かっていれば、そう簡単に字牌には手をかけられません。字牌に対して心血を注いでいけるかどうかが麻雀道の背骨であり、負けているときの姿勢です。この背骨を正してから、他の手筋に入っていくところが、麻雀道の麻雀道たる所以です。


 ドラはです。南場に入っていて点数はマイナスです。2、3巡目でをツモりました。急所が多く和了が遠いので、ここは我慢してを切ります。


 同じくドラはです。をツモりました。普通はに手をかけると思いますが、ここも我慢してのツモ切りや、を切ってドラ周りのリャンメンを固める選択をして、字牌は置いておきます。

 手牌を丁寧に、字牌に心血を注ぎながら、自分の手のシャンテン数を上げずに字牌をキープして、ポンされないようにしながら打つ。ポンされるか分からないけど、されないようにするというところが麻雀道の背骨です。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top