麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
おじまご(木原浩一、園田賢、愛内よしえ)が連覇達成!/The All Star League 決勝

おじまご(木原浩一、園田賢、愛内よしえ)が連覇達成!/The All Star League 決勝

BULL2021求人朝宮あろま

<The All Star League 決勝>◇4月7日◇東京・麻雀スタジオ

 麻雀スリアロチャンネルが送る団体の枠を超えた16チーム48人によるチーム戦The All Star Leagueの決勝が7日麻雀スタジオで行われ、去年の優勝チームおじまごが連覇を達成した。

 決勝に進出したのは下記4チーム。

きむしもにゃん(金太賢、下石戟、大澤ふみな)
おじまご(木原浩一園田賢愛内よしえ
チームMKHY(河野高志、松ヶ瀬隆弥柚花ゆうり
ゼウスが選択(鈴木たろう松本吉弘、岩井茜)

 どのチームも強豪揃いで見応えのある対局が繰り広げられた。

 決勝は全6回戦、1人2回対局し、トータルスコアで争われる。

 対局は1回戦に木原が金から国士無双をアガり、おじまごがスタートダッシュに成功。

SnapCrab_NoName_2018-4-9_16-48-20_No-00

 2回戦はゼウスが選択の岩井が南3とオーラスに連続であがりトップ。

 3回戦は1回戦で国士無双の放銃に回ったきむしもにゃんの大澤が爆発。12000、16000、6000オールと怒涛の高打点あがりを連続してあがり7万点を超える大きなトップ。おじまごの園田はかなりマイナスの3着目だったが、オーラスの親番で8000オールのあがりで原点復帰。ポイントを伸ばして首位をキープした。3回戦終わってチームMKHYがマイナス100ポイントを超え、厳しい状況に。

 4回戦はゼウスが選択の鈴木たろうがトップ。おじまごの愛内を3着、きむしもにゃんの下石を4着とし、ゼウスが選択は首位に浮上した。

 5回戦はきむしもにゃんの大澤が再び大きなトップ。これで優勝条件は上位3チームのトップ条件となった。

SnapCrab_NoName_2018-4-9_17-50-8_No-00

 6回戦は木原、金、鈴木たろう、河野のリーダー対決。河野が意地を見せて大きなトップ目に。2着目で現状優勝条件を満たしている木原が南2局の親番で2局連続で親の満貫をツモあがり。勝負を決定づけた。南3局は河野のたろうからの12000のあがり、オーラスは木原が自力で1300をあがり優勝を決めた。

 リーダーの木原は「個人的には国士もあがれたし、最終戦もしっかり攻め抜くことができた。チーム戦と言えど、結局は個人スコアで競うのだが、チームメイト同士で高め合う意識をしっかり持つことでチーム戦としての意義が出てくると思っています。チームメイトにいい麻雀をみせようという意識で3人でやってきて、連覇を勝ち取ることができて本当に嬉しいです。」と喜びを語った。

成績

SnapCrab_NoName_2018-4-9_18-18-51_No-00

配信

麻雀スリアロチャンネル
ニコニコ生放送
FRESH!

関連URL

『The All Star League 2018』出場選手発表 16チーム目は11月18日の争奪戦で決定!

究極のチーム戦 The All Star League特設ページー麻雀スリアロch

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top