麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【6/10 シンデレラファイト Day4 #3 結果】序盤にアガリを重ねた梶田琴理がトップ!篠原冴美が見せ場を作るも悔しい脱落に!

【6/10 シンデレラファイト Day4 #3 結果】序盤にアガリを重ねた梶田琴理がトップ!篠原冴美が見せ場を作るも悔しい脱落に!

BULL2021求人ニルウッドカバー

”8日間のサバイバルマッチ”として生まれ変わった『シンデレラファイト』。Day4 #3 が6月10日に行われた。

赤坂ドリブンズ 越山剛(こしやまごう)監督がゲスト解説を担当した。

Day4 #3 出場選手

東:篠原冴美

南:菅野真由

西:西川莉子

北:梶田琴理

Day4 #3対局の様子

東1局、梶田がタンヤオ平和の先制リーチ。[赤⑤]ツモで2000・4000のアガリを決める。

東1局 梶田の2000・4000

梶田は東3局にも2000オールのアガリで一歩抜け出した。

東3局 梶田の2000オール

東4局3本場、篠原が先制リーチに出るが梶田が的確にダマテンでかわしていく。

東4局3本場 梶田の1300

南1局1本場、親でラス目の篠原、梶田のリーチを受けて手牌はまだ2シャンテン。浮上のためには押したい場面だったがオリを選択。跳満の放銃をなんとか回避し終盤につなげた。

南1局1本場 篠原はオリを選択。12000の放銃を回避

南3局、篠原が500・1000のアガリで一歩縮めてオーラスを迎えた。

南3局 篠原の500・1000

南4局、親の菅野が早い巡目で絶好の聴牌。ラス目の篠原から5800のアガリで連荘。篠原のラス回避条件が西川との7900点差となり一歩厳しくなった。

南4局 菅野の5800

その後の1本場、3着目の西川が自力で勝負を決めるべく役無し両面待ちをリーチで勝負。篠原はドラ暗刻の聴牌で追いつき条件を満たすリーチを宣言したが無常にも西川のアガリ牌が押し出される聴牌形となり西川のアガリで決着。篠原が悔しい脱落となった。

南4局1本場 篠原の聴牌
南4局1本場 西川の1300

最終スコア
梶田琴理    37500
菅野真由  36000
西川莉子     18800
篠原冴美 7700

シンデレラファイト開催日程

■1st Stage(4人麻雀)
5月20日(金)Day1

5月27日(金)Day2

6月3日(金)Day3

6月10日(金)Day4


■2nd Stage(3人麻雀)
6月17日(金)Day5
6月24日(金)Day6

■特別企画番組
7月1日(金)

■ダイジェスト番組(ABEMA)
7月8日(金)

■Semi Final(ABEMA)
7月15日(金)Day7

■Final(ABEMA)
7月22日(金)Day8

1st Stage、2nd Stageは、麻雀プロ団体Liveチャンネル(YoutubeOPENREC)、麻雀スリアロチャンネル(ニコニコ生放送)で放送予定。
ダイジェスト番組、SemiFinal、FinalはABEMAで放送予定。
全日程18時開始で、全試合生放送予定。

関連記事

日向藍子(実況)・綱川隆晃(解説)・松田麻矢(公式サポーター)のインタビューと先行カットはこちら

▼サバイバルシステムや日程の詳細はこちら

▼出場選手紹介はこちら

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top