麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ドリブンズ、ABEMASがたろうと白鳥のトップで大躍進!!雷電・瀬戸熊は苦しい1日に【Mリーグ 12/18結果】

ドリブンズ、ABEMASがたろうと白鳥のトップで大躍進!!雷電・瀬戸熊は苦しい1日に【Mリーグ 12/18結果】

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は12月18日に、EX風林火山 対 チーム雷電 対 赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われた。

第1試合は風林火山から亜樹、雷電から瀬戸熊、ドリブンズからたろう、ABEMASから松本が出場した。

東1局にたろうがいきなりドラ暗刻赤1の両面リーチ。これをツモり裏ドラも2枚のり4000・8000の大きなアガリで開幕。

東1局のたろうの4000・8000のアガリ ©AbemaTV

東4局で松本が3000・6000をアガリたろうに迫るも、南2局の松本の親番でたろうがドラ対子の両面リーチ。2000・4000のアガリで再び松本と大きな差をつけた。

南2局のたろうの2000・4000のアガリ ©AbemaTV

その後、親番で更にリードを広げ、61000点の大きなトップとなった。

勝利者インタビューにてたろうは「12月もここでお話しできてよかったです。南場の親番は朝まで連荘したいなと思ってやっていました。(現在1位の)平均打点については、意識はするんですけれども、当然それを狙うせいで負けてしまっては元も子もないので、状況に応じて安い手もしっかりアガるつもりで打っています。皆さんの喜びが勝ちたいという気持ちにより繋がるので、今後も頑張ります。」と語った。

インタビューを受けるたろう ©AbemaTV

1位 たろう(ドリブンズ) +81.0 
2位 松本(ABEMAS) +11.9
3位 亜樹(風林火山) ▲29.2
4位 瀬戸熊(雷電) ▲63.7

第2試合は、風林火山から滝沢、雷電から瀬戸熊、ドリブンズから園田、ABEMASから白鳥が登場。瀬戸熊のみ2戦連続の出場となった。

東場は白鳥がリードする展開、東4局の親番では瀬戸熊からの12000のアガリも決めた。

しかし南2局、親の園田が一気の攻勢。まずは4巡目リーチで瀬戸熊から18000のアガリを決めると瀬戸熊から3局連続のアガリで一気に52800点持ちのトップ目に。

南2局の園田の18000のアガリ ©AbemaTV

しかし南2局3本場で白鳥がドラを暗槓したリーチを滝沢からアガり12000。再びトップ目に。

南2局3本場の白鳥の12000のアガリ ©AbemaTV

最終局は全員ノーテンとなり、白鳥が逃げ切りを決めた。

インタビューで白鳥は「ここ最近は2戦でトップ、ラスとなることが多かった。松本選手が2着を取ってくれて、なんとかトップが取りたいなと思っていました。色んな選手の研究をして、落ち着いて打てていると思います。南2局の園田選手が凄かったのですが、チームの二人がとても頑張ってくれているので、この競り合いに勝てたのはとても大きいですね。残りの戦いも渋谷ABEMAS一丸で頑張っていきますので、よろしくお願いいたします!」と力強く語った。

インタビューを受ける白鳥 ©AbemaTV

1位 白鳥(ABEMAS)+78.5
2位 園田(ドリブンズ)+32.4
3位 滝沢(風林火山)▲29.5
4位 瀬戸熊(雷電)▲78.5

次回12月20日(木)は、チーム雷電、U-NEXTパイレーツ、セガサミーフェニックス、KONAMI麻雀格闘倶楽部が対戦。

実況は小林未沙、解説は渋谷ABEMAS・多井隆晴が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 209.8 52/80
2 ドリブンズ 191.6 54/80
3 ABEMAS ▲0.9 54/80
4 雷電 ▲54.7 54/80
5 Pirates ▲58.9 52/80
6 フェニックス ▲104.6 48/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲182.3 54/80

ドリブンズ、ABEMASが2位、3位に浮上!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 284.1 17
2 黒沢(雷電) 223.4 17
3 近藤(フェニックス) 97.9 12
4 多井(ABEMAS) 93.4 14
5 滝沢(風林火山) 80.9 19
6 勝又(風林火山) 71.9 17
7 たろう(ドリブンズ) 63.1 21
8 朝倉(Pirates) 57.4 17
9 亜樹(風林火山) 57.0 16
10 寿人(麻雀格闘倶楽部) 32.7 24
11 松本(ABEMAS) 10.2 19
12 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲14.0 17
13 小林(Pirates) ▲25.5 17
14 茅森(フェニックス) ▲71.2 18
15 石橋(Pirates) ▲90.8 18
16 瀬戸熊(雷電) ▲104.1 19
17 白鳥(ABEMAS) ▲104.5 21
18 魚谷(フェニックス) ▲131.3 18
19 村上(ドリブンズ) ▲155.6 16
20 萩原(雷電) ▲174.0 18
21 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲201.0 13

たろうが7位浮上!!

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top