麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【3/11  Mリーグ2021-22 第2試合結果】佐々木寿人が倍満ツモを決めて個人3連勝で締めくくる!2着争いを制した瑞原明奈が2021-22シーズンMVP獲得!

【3/11 Mリーグ2021-22 第2試合結果】佐々木寿人が倍満ツモを決めて個人3連勝で締めくくる!2着争いを制した瑞原明奈が2021-22シーズンMVP獲得!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021-22」シーズン最終日となる90日目が3月11日(木)に開催された。

3月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA
3月11日第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA
3月31日(木)「Mリーグプレミアムナイト」開催決定!チケットサポーター先行販売中!

「Mリーグ2021プレミアムナイト」 2022年3月31日(木)に約2年ぶりの開催決定!観戦チケットを2022年3月4日より先行販売開始

第1試合結果

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 小林が高打点連発でトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:萩原聖人

南:沢崎誠

西:瑞原明奈

北:佐々木寿人

第2試合

瑞原と沢崎のMVP争いに注目。着順が上の方がMVPとなる。

3月10日終了時点のスコア ©ABEMA

東1局、瑞原と萩原のリーチ対決。

東1局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東1局 萩原の手牌 ©ABEMA

瑞原が高目[6]をツモって裏ドラを1枚のり、2000・4000のアガリで一歩リード。

東1局 瑞原 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

次局も寿人のリーチに受けながら平和のアガリを決めて親番を迎える。

東2局 瑞原 ピンフ 1000 ©ABEMA

迎えた東3局の親番で4000オールと3局連続でアガリを決めリードを広げる。

東3局 瑞原 白・ドラ3 4000オール ©ABEMA

東3局1本場、寿人がドラ[四]単騎待ちの七対子リーチ。

東3局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

沢崎もカン[⑤]待ちのリーチで追いかける。

東3局1本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

瑞原が寿人の海底を消すチーを入れるが、結果寿人がツモアガリ。裏ドラが乗って4000・8000の大きなアガリとなった。

東3局1本場 寿人 リーチ・ツモ・七対子・ドラ4 4000・8000 ©ABEMA

東4局は寿人ドラドラの手牌で仕掛けるが、テンパイできず。沢崎の一人テンパイで流局し、南入。

東4局 流局 ©ABEMA

南1局、沢崎ドラ暗刻のリーチをツモって2000・4000、じりじりと瑞原との点差を詰めていく。

南1局 沢崎 リーチ・ツモ・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

南2局、親番をむかえ、さらに加点したい沢崎だが、配牌が良いとは言えない。連荘は難しいかと思われたが、ツモが効いて門前のホンイツ一向聴。

南2局 沢崎の配牌 ©ABEMA

しかしここからテンパイできる牌が他家に流れ一向聴のまま、沢崎最終手番。

[西]が槓子になり、暗槓。嶺上から[⑨]を引いてテンパイし、連荘。

南2局 沢崎の手牌 ©ABEMA
南2局 流局 ©ABEMA

しかし南2局1本場、南3局と寿人が連続でアガってトップ目でオーラスへ。

南2局1本場 寿人 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA
南3局 中・赤1 500・1000

オーラス寿人が[発][中]と仕掛けて筒子のホンイツへ。沢崎もMVPへの満貫ツモ条件を満たすため、アガリを目指すもテンパイできず。

南4局 寿人の手牌 ©ABEMA

結果アガリは出ず、寿人は伏せて流局し、第2試合終了。瑞原がMVPを獲得した。

南4局 流局 ©ABEMA

一礼のあと、沢崎は真っ先に瑞原に「おめでとう」と声をかけ、握手を交わした。

今季絶好調の瑞原はアガリ率27%、放銃率5.48%、連対率85.7%という驚異的な数字を残しMVPとなった。

沢崎と握手を交わす瑞原 ©ABEMA

レギュラーシーズンの個人賞はMVP瑞原明奈、最高スコア賞伊達朱里紗、4着回避率賞多井隆晴となった。

麻雀格闘倶楽部はこの寿人のトップで3位を確保、セミファイナル最終日の対局権利を得た。

第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+61.5
2位 瑞原(Pirates)+12.7
3位 沢崎(サクラナイツ)▲15.4
4位 萩原(雷電)▲58.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月11日トータル結果

Pirates(小林1着・瑞原2着)+76.3
麻雀格闘倶楽部(高宮3着・寿人1着)+37.8
雷電(萩原2着・萩原4着)▲43.1
サクラナイツ(堀4着・沢崎3着)▲71.0

Piratesが首位をキープかつ瑞原のMVPを獲得する最高の形でレギュラーシーズンを締めくくった。麻雀格闘倶楽部は今季苦戦が続いた寿人が終盤で三連勝、セミファイナルに向けて好材料となった。

6位サクラナイツまでがセミファイナル進出。7位ドリブンズ、8位雷電はレギュラーシーズンで姿を消すこととなった。

3月11日終了時点のチームランキング ©ABEMA
セミファイナルシリーズ1日目 3月21日の対局チーム ©ABEMA
3月11日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top