麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
「Mリーグ2022-23シーズン」ドラフト指名予想!渋川難波の指名は確実か

「Mリーグ2022-23シーズン」ドラフト指名予想!渋川難波の指名は確実か

BULL2021求人朝宮あろま

「Mリーグ2022-23シーズン」のドラフト会議が、2022年7月11日(月)19時から開催される。急遽Youtubeで生配信されることも決まった。

Piratesが2名、サクラナイツが1名を補充することになり、指名順は、

①:Pirates(1人目)
②:サクラナイツ(1人目)
③:Pirates(2人目)

となる。

Piratesは木下監督が実力重視で男性2名を指名することを表明しており、候補は4~5名に絞っているという。

サクラナイツは森井監督だけに、サプライズ指名があるかもしれない。

読者アンケートでは、渋川難波鈴木優醍醐大仲林圭が人気

両チームが狙う渋川難波 Piratesの指名が有力

注目は公式解説者の渋川難波。

一昨年、昨年指名漏れで悔しい思いをしていたが、今期こそは最有力候補と言って良いだろう。

日本プロ麻雀協会の最高タイトル「雀王」を獲得してグランドスラムを達成。

Youtubeの配信でも数千人の視聴者を集めるなど発信力を高め、麻雀以外の部分でも魅力的な存在だ。

Pirates、サクラナイツとも是非欲しい人材だが、指名順はPiratesが先にある。

仮にPiratesが指名しない場合は間違いなくサクラナイツが指名するため、Pirates最初の指名は渋川になるだろう。

渋川を指名できなかった場合のサクラナイツ 森井監督の思考は・・・

2021-22シーズン優勝のサクラナイツは、レギュラーシーズンで活躍してきた(通算353.4ポイント/88試合)沢崎誠の代役を補充することになる。

森井監督としても、沢崎の代役となる実力者を指名したいところだ。

堀慎吾のパートナーとしてYoutubeで発信できるような人材を求めている可能性はある。

最も有力なのが渋川であるが、Piratesが先に指名してしまうだろう。

となると、仲林圭は有力な候補だ。2022年は發王位を獲得し、雀力の評価は高い。

堀とも同じ団体でコミュニケーション能力も問題ないだろう。

他には、現最高位の鈴木優や前最高位の醍醐大も有力か。

ただ、森井監督だけにサプライズ指名も十分にある。

女性選手や、20代の若手、はたまたPiratesを契約満了となったばかりの朝倉康心石橋伸洋といった選手も?

森井監督が何を重要視して指名するのかがポイントとなる。

Piratesの二人目の指名は、タイトル獲得実績のある男性プロか

木下監督は、オンラインを含むタイトル獲得実績を実力者として評価しており、そこから男性2名を指名するようだ。

1人目を渋川(現雀王)とすると、2人目は

鈴木優(現最高位)
醍醐大(前最高位)
矢島亨(雀王、雀竜位、日本オープン)
仲林圭(現發王位)
金太賢(最強位、雀王)

といった候補が挙がる。

茨城啓太(日本プロ麻雀協会)は団体のタイトルこそないものの、天鳳位を獲得してパイレーツカップの配信にもゲストとして登場している。

今回は実力重視と明言した木下監督。それだけに候補は絞りやすい。

後はそれにどのような付加価値を持っているかが鍵になるだろう。

ドラフト会議は7月11日(月)19時から M.LEAGUE 公式Youtubeチャンネルにて生配信

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top