麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】冷静な打ち回しで勝利を掴む!醍醐大が南場に入ってから一気に得点を重ね、大量リードのままトップ獲得!2着は東場の親番で捲り合いに勝った黒沢咲!

【1/11 Mリーグ2023-24 第2試合結果】冷静な打ち回しで勝利を掴む!醍醐大が南場に入ってから一気に得点を重ね、大量リードのままトップ獲得!2着は東場の親番で捲り合いに勝った黒沢咲!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」63日目が1月11日(木)に開催された。

1月11日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:醍醐大

西:園田賢

北:黒沢咲

第2試合

東1局、醍醐が2枚目の[6]をチーして索子の一気通貫を狙う。

そこにカン[三]待ちでテンパイした園田がリーチを敢行。

イーシャンテンとなった日向から[三]が放たれて決着。

園田は2600の加点となり静かな滑り出しとなった。

東1局 日向の手牌 ©ABEMA
東1局 園田 リーチ, 東 2600 ©ABEMA

東2局は全員ノーテンで流局し、東3局1本場へ。

醍醐がどんどん有効牌を引き入れ、3巡目にはくっ付き形の万全のイーシャンテンに。

しかし先制リーチは黒沢。

黒沢はカン[二]を引き入れ[③][⑥]待ちのリーチを敢行。

[③][⑥][⑨]待ちで追いついた醍醐はリーチで応戦する。

結局アガリは出ず流局となった。

東3局1本場 流局 ©ABEMA

東4局2本場は日向が[東]ポン、園田が[北]ポンと仕掛け、空中戦の様相を呈す。

そこにピンフのみの[5][8]待ちでテンパイした黒沢がこれをダマテンに構える。

日向が[8]を掴み決着。

黒沢は1500の加点と連荘に成功した。

東4局2本場 日向の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 黒沢 ピンフ 1500 ©ABEMA

東4局3本場、[③][⑥]待ちでテンパイした園田が先制リーチをかける。

そこに目に見えて残り1枚のカン[⑦]を引き入れた黒沢が[4][7]待ちで追いかけリーチ。

園田の[⑨]暗槓が入ったところで黒沢が新ドラ[4]をツモ。

黒沢は4000オールの加点に成功した。

東4局3本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 黒沢 リーチ, ツモ, タンヤオ, ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東4局4本場、東4局5本場は流局し黒沢がリードを持っての南入となった。

南1局6本場、先ほどリーチが空振りとなった醍醐がここも先制テンパイ。

醍醐はカン[三]を引き入れ[2][5]待ちのリーチを敢行。

園田が[⑥]をチーしてタンヤオの[三][六][九]待ちテンパイとなる。

イーシャンテンの黒沢から[2]が溢れて決着。

醍醐は8000の直撃に成功しトップ目に立った。

南1局6本場 園田の手牌 ©ABEMA
南1局6本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南1局6本場 醍醐 リーチ, ピンフ, イーペーコー, 裏ドラ×1 8000 ©ABEMA

南2局、親番の醍醐が[一][四]待ちの先制リーチ。

醍醐は高目の[四]を一発で山から手繰り寄せる。

醍醐は6000オールの大きな加点に成功し他家を大きく突き放した。

南2局 醍醐 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, 裏ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南2局1本場、醍醐は役なしの[五][八]待ちテンパイとなりダマテンを選択。

数巡後、醍醐はピンフが付く[1][4]待ちへと変化。

警戒のまだ薄い園田から[4]が溢れて決着。

醍醐は1500の加点となった。

南2局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 醍醐 ピンフ 1500 ©ABEMA

南2局2本場、園田がカン[③]をチーしてタンヤオ狙いで[東]対子落とし。

程なくして園田は[四][七]待ちテンパイになる。

園田は[四]を難なくツモ。

園田は500・1000の獲得となった。

南2局2本場 園田 タンヤオ, ドラ×1 500・1000 ©ABEMA

南3局、黒沢は七対子[赤五]単騎でテンパイするとリーチを選択。

程なくして日向がカン[七]待ちでテンパイしダマテンに構える。

日向は待ちがカン[五]に変化したところでリーチをかける。

しかし結局アガリは出ず流局。

醍醐が大きなリードをもってオーラスに入った。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス1本場、醍醐は[三][六]待ちの先制リーチで勝負を決めにかかる。

醍醐は高目の[六]をツモ。

醍醐は3000・6000の加点となりトップを確定させた。

オーラス1本場 醍醐 リーチ, ツモ, 三色同順, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 3000・6000 ©ABEMA

第2試合トップの醍醐 ©ABEMA

第2試合結果
1位 醍醐(フェニックス)+86.9
2位 黒沢(雷電)+1.9
3位 園田(ドリブンズ)▲31.5
4位 日向(ABEMAS)▲57.3

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月11日トータル結果

ABEMAS(多井1着・日向4着)+24.8
フェニックス(茅森4着・醍醐1着)+21.5
雷電(萩原2着・黒沢2着)+18.1
ドリブンズ(太3着・園田3着)▲64.4

多井がここ一番の快勝でチーム3連勝となったが日向が苦戦でABEMASは伸ばしきれず。フェニックスは茅森が苦しんだものの醍醐が大きな

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月12日の対戦カード ©ABEMA
1月11日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top