麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
チーム雷電萩原選手インタビュー 「麻雀も俳優もどちらも100%の力を出し、来期は優勝します!」

チーム雷電萩原選手インタビュー 「麻雀も俳優もどちらも100%の力を出し、来期は優勝します!」

CABO求人全自動麻雀卓スリム

Mリーグ2018朝日新聞ファイナルシリーズは赤坂ドリブンズが優勝し、幕を閉じた。

開幕前、日本プロ麻雀連盟に電撃所属を発表した萩原聖人選手。プロ入り前の対局における実力と、抜群の知名度でチーム雷電所属となった。

結果として、チーム雷電はレギュラーシーズン7位でファイナルに進出はできなかったものの、話題性とMリーグ自体の認知が広まったことは彼の存在によるところが大きかったであろう。

俳優とMリーガーという二足のわらじを履き、多忙な環境で半年間を駆け抜けた萩原聖人選手に「Mリーグ」初年度の思いと、来期への意気込みを聞いた。

【©M.LEAGUE】

ーー半年間を振り返って

萩原「結果を置いといて言わせていただくと、とても麻雀を通じて充実した時間を過ごせたなと思いました。今までの、趣味の延長線上でさまざまな対局に出演して、いつでも下ろせる責任の中で打ってきた状況と違い、電通、雷電のファン、麻雀のファン、自分のファン、もちろんアンチもたくさんいたと思うんですけど、それも含めて、麻雀やっててよかったと思う半年間でした。」

萩原「結果の話にもどると、最下位でしたけど、悔いはありません。僕らは優勝よりも別の役割を担わされていたんじゃないかと思っています。そういう部分で言えば、次のシーズンに対して目を向けなきゃと思ってます。」

ーー来期について

萩原「来期は、優勝します。来期は面白い麻雀を打って、かつ、結果を出したいと思っているので、来年はもっともっと結果と内容に拘って、Mリーグが盛り上がればいいなと思います。また、俳優という領域ってファンと接する機会を拒否するというか、余り素を知られないようにしたほうが、仕事の時には有利になるのですが、Mリーガーになって人生で初めてSNSをやってみたりして、生の声や、パブリックビューイングを通じて、ファンあってのエンターテインメントなんだなって感じました。」

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mリーグファイナル最終日! 始まりますよー! パブリックも盛り上げまーす‼️

Hagiwara Masatoさん(@hagiwaramasato_ml)がシェアした投稿 -

 

ーー萩原さんにとって麻雀とは?

萩原「これ、よく考えるんですけど、よくわからないんです。よく分からなくなってしまったというか。もしかしたら、Mリーガーになる事自体がプラスになるかどうかも分からなかったですし、もともとメディア対局には興味もって色んなところで打っていたんですけど、15年前とかはマイナスなイメージしかなかったと思うんですよね。実際に麻雀が好きだって言うことで嫌な思いをしてきたこともありましたし。それでもやっぱり好きなんです。理由が思いつかないです。いつその答えが出るのかなと。一生死ぬときまで出ないかも知れないですし、自分にとっての麻雀っていうのが本当にわからないんですけど、自分が前を向いたり、色んなバランスをとる上で必要な物だということは間違いないと思います。」

ーー俳優をやっているときと、麻雀をやっているときは、どちらが楽しい?

萩原「どっちも苦しいです。楽しい時期は俳優業でもこえてしまいましたし、麻雀もプロになって、トップをとったからって楽しいものじゃないんですよね。トップをとってなくても楽しい勝負もありますし、どっちも苦しいですが、その苦しさの中に充実感があるので、そういう意味では楽しいのかもしれないですけど、俳優も麻雀も同じ事をしているつもりでやっています。何かをつくって見せるということに関しては。結構似てるんですよね。似てるから苦しいんだけど続けてしまうというところがあります。」

ーー今後麻雀と俳優、どちらに力をいれていく?

萩原「俳優も麻雀もどちらも100%の力を出し切って頑張ります。両方やらないと意味がないというか…。麻雀ばっかりやっているから、役者としてだめだなんて思われたら本当に嫌ですし。かといって、俳優の仕事が忙しくなるとチームに迷惑がかかるし、ぼくの麻雀のファンの人に対しても恩返しを少しずつしていかなきゃいけないと思ってるんで、体力が続く限りは、朝5時からのロケがあろうが、夜7時に試合があれば来る、そういうつもりでいます。すごくハードだとは思いますが、あと2年もすれば50歳になるので、そのときにやりたいことでハードに充実できる人生って想像してなかったんですけど、Mリーグが出来たおかげで俳優業もより新鮮に取り組めるようになったと思います。」

改めて麻雀というものが与える充足感で、俳優業もより新鮮に取り組めているという萩原選手。来期優勝への思いを胸に、更にMリーグを盛り上げてくれるだろう。今後の活躍に期待が膨らむ。

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top