麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
石橋がトップでトータル6位浮上 最終戦は勝又がトップ/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 53/54 回戦

石橋がトップでトータル6位浮上 最終戦は勝又がトップ/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 53/54 回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のWHITE DIVISION53・54回戦が8月6日に放送され、53回戦は石橋伸洋がトップ。54回戦は勝又健志がトップとなった。

53回戦は和久津、石橋、たろうが競った状態で南入。降級争いは終盤までもつれたが、南2局に和久津がたろうのダマテンに痛恨の8000放銃。しかし、南3局に和久津に国士無双の手が入る。石橋がカンのリーチに出るも、その後和久津が国士無双の待ち聴牌。3枚切れだが山に残っていたものの、石橋がのツモあがりで事なきを得る。その後和久津が満貫ツモ。たろうの親番が流局連荘となり、和久津の7位条件は1000・2000のあがり、石橋からの2600、佐々木からの5200、たろうからの8000条件となったが、石橋がタンヤオドラ1のツモあがりで終了。自身の8位回避を決めると共に6位浮上の可能性を残した。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 53回戦
順位 選手名 ポイント
1 石橋伸洋 52.3
2 鈴木たろう 11.1
3 和久津晶 ▲19.6
4 佐々木寿人 ▲43.8

54回戦は東1局の親番で勝又が大きなリード。そのリードを勝又が最後まで維持して大きなトップとなった。2着争いは南3局時点で勝又以外の3者が1000点差という状況。そこで平賀がタンヤオ・ドラ3の聴牌を入れるも達也の一気通貫・ドラ1への5200の痛い放銃。そしてオーラスは勝又が1000点のあがりを決め終局。平賀は痛恨のラスでトータル7位となり、入れ替え戦への出場が決定した。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 54回戦
順位 選手名 ポイント
1 勝又健志 73.7
2 鈴木達也 1.5
3 猿川真寿 ▲25.3
4 平賀聡彦 ▲49.9
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 54/54
順位 選手名 ポイント
1 鈴木たろう 520.1
2 勝又健志 307.4
3 佐々木寿人 200.5
4 猿川真寿 ▲139.6
5 鈴木達也 ▲165.6
6 石橋伸洋 ▲217.0
7 平賀聡彦 ▲239.0
8 和久津晶 ▲266.8

上位4人は準決勝進出、7位の平賀は入れ替え戦、8位の和久津は自動降級となることが決定した。

RTDリーグ 2018 準決勝進出者
順位 選手名 ポイント
1 小林剛 630.3
2 鈴木たろう 520.1
3 勝又健志 307.4
4 瀬戸熊直樹 218.3
5 佐々木寿人 200.5
6 白鳥翔 161.7
7 内川幸太郎 54.1
8 猿川真寿 ▲139.6

準決勝は9/1開幕となる。予選のポイントを半分持ち越しての対局となる。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top