麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第344回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第344回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人健康マージャン全国会
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

 今回のイベント「煌めく舞踏会」はクエストを消化してパネルをめくってアイテムを手に入れるというもの。重要アイテム「紫の贈り物」は「2×2」の升目を全てめくることになること、アイテム同士が離れていることから紫の贈り物の在処の目星をつけてパネルをめくるようにしています。しかしなかなか当たらずようやく紫の贈り物が見えたと思ったところで1日の回数制限に到達。毎日クエストをこなせばいずれ全部獲得できるとはいえ少しもどかしいですね。

雀魂牌譜

東1局1本場

手拍子で[①]をツモ切りしてしまいましたが、打[⑥]ならツモ[⑦]でも聴牌。ただし打[①]ツモ[⑦]でも手広くなりタンヤオがついた場合は打[①]有利なので案外難しいかもしれません。

ドラ[②]とはいえ[6][9]ツモは高め一盃口があるので平面上では打[①]とするところとみますが、今回は[①]が南家の現物ということもあり打[⑥]

ツモ[3][6]でダマ4飜になった場合も、両者とも鳴いている&ダマで特に[④][⑦]が出やすくないことからリーチ寄りでしょうか。ツモ裏6000オール。2枚目で打[①]なら8000オールでしたが結果論ということにしておきます。

南2局

何と配牌が全部ヤオチュウ牌!

[北]を抜かれたので流局にはできませんが10種なら国士を狙っておきましょう。他の手役との両天秤もありますが、この手ならヤオチュウ牌から切ってみましょう。[白]はポンされると和了率が下がるので打[⑨]

ヤオチュウ牌絡みの役は聴牌打牌もヤオチュウ牌になりやすく、それによって役を読まれやすくなります。よって可能なら安全な中張牌を残しておきたいところ。この[7]はまさにおあつらえ向きの牌です。

12巡かけて準備した召喚陣がついに完成。後は東の龍が召喚されるのを待つのみです。

森川「これ…まずいの…」 ラス前ダントツがこの巡目にドラ[④]を切り飛ばしたら、いくら迷彩をかけても国士なのではと思われてしまうかもしれません。

ドラをポンされた後にツモ[6]。下家には通りますが、対門に手出しが入ったので通るとは限りません。しかし対門の最終手出しは[9]。安牌かつ手役に関係しない牌。すなわちこの巡目に引いてきた牌が「役有り聴牌に取れる牌」でない可能性がいくらでもあるということ。ここまで国士聴牌に見えないように河を作ってきたので、他家に[東]を止められている可能性も低く山に残っている可能性が高い。降りて下家に連荘されるケースもある。雀魂の順位点的に素直に降りていればよかった気がしますが、左手のマスティマが止めることを許してくれませんでした。

 なお。オーラスは下家がアガって無事トップで終えることが出来たようです。これに懲りずに対局を進めていくことにしましょう。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top