麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの麻雀講座 第2回 「『選択』にのみ思考を巡らせよう」

ネマタの麻雀講座 第2回 「『選択』にのみ思考を巡らせよう」

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

「選択」にのみ思考を巡らせよう

 麻雀の一局の進行は、配牌を取った後は、ツモ→打牌→(他家の打牌)→ツモを局が終わるまで繰り返しになります。

 このうち、配牌とツモは、「抽選」であり、打ち手が干渉することはできません。干渉できるのは、何を切るかという打牌と、他家の打牌に対してどうするか(鳴くかどうか、あがるかどうか)という「選択」だけです。

 「抽選」に干渉することができないことは、多くの方が頭では理解していると思われます。しかし麻雀は運の要素が強いゲームですので、どうしても、「抽選」の方に意識が向きがちです。

 しかし、人の思考には限りがありますので、干渉できないものに意識が向いてしまうのは、勝つためには損でしかありません。抽選に干渉できるという考え方を「流れ論」と呼ばれることがありますが、抽選ばかりに意識が向いているようでは、流れ論から脱却できているとは言えません。ただ麻雀講座を読むだけではなく、普段麻雀の話をする時も、「抽選」ではなく、自分の打牌が本当に正しかったのかという、「選択」に考えを巡らせてはいかがでしょうか。

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

サイト:現代麻雀技術論
著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top