麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第5回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討第5回

CABO求人MEWS

第一節一回戦A卓

▼対局者
私:シンプルなワキガ
Bさん:トトリ先生19歳
Cさん:タケオしゃん
石橋伸洋

牌譜はこちら

5-1-min

 ペンチャンと浮き牌の比較は迷うことが多いものです。今回は序盤なので手変わりを待つ猶予がある、ペンがスジ引っ掛けになるとはいえ北家がピンズ染めとするなら比較的出アガリが期待できない。トップ目で積極的に悪形リーチを打つ点数状況ではないというところからペンチャン落としに分があるでしょうか。

5-2-min

 テンパイしやすさならドラ切り。ドラにくっつけて打点と良形テンパイ重視なら打とするところですが、2枚切れということもあり打。リャンメンを固定してドラを残しつつシャンテンを維持するのはよくある選択ですがシャボ固定は珍しいかもしれません。がメンツになってテンパイした場合のシャボ待ちが強いというのもあります。

5-3-min

 は4枚残り、も1枚切れたのでここでは打

5-4-min

 配牌からは思いもよらない手に育ちました。を自分で切っているとはいえこうなれば打でしょう。

5-5-min

 先にをツモってテンパイしたうえに高めをツモって跳満。トップを決定づけるアガリになりました。可能性としては低いですが今回のように思わぬ手に育つこともあるので、序盤でペンチャンと3〜7浮き牌で迷うケースはペンチャン落としに分があるように思います。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top