麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第53回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第53回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節三回戦A卓

▼対局者
私: 就活生@川村軍団
Bさん: コーラ下さい
石橋伸洋
Dさん: トトリ先生19歳

牌譜はこちら

 

53-1-min

 配牌でいきなりチートイツ1シャンテン。メンツ手としてみた場合はメンツ候補が全て悪形の2シャンテンとなればチートイツに決め打っても問題ないところ。スジ単騎でリーチする選択も残してメンツ崩しの打

53-2-min

 チートイツ狙いなら字牌を残しそうですが、この段階なら山に残ってそうな牌も分からないので枚数重視。中張牌ばかり河に並ぶと字牌待ちでも警戒されやすいというのもあります。は全員にとって役牌なので、西家のが鳴かれなかったことからよりも山生きの可能性が高いと判断しての切りでしょうか。

53-3-min

 優劣をつけるのは難しいですが、この巡目あたりからは他家が順子を作りにくい牌残し。東家がよりを先に切っているので、なら後から切っていると順子を作るの方が使われる可能性が高いと判断しての打でしょうか。

53-4-min

 が3枚見えになりましたが残り1枚はほぼ確実に山生き。は2枚以上残っている可能性もありますが、この巡目あたりからは守備力も考慮して先切りした方が結果的にアガれることも多そうです。

53-5-min

 4枚見えでは順子を作りにくい牌。将来の危険度もよりは低いこともあってかここで切り。

53-6-min

 ここでテンパイ。枚数はの方が1枚多いですが、は誰からでもツモ切りされやすい待ちになっています。終盤にダマテンを警戒された場合も、より先にを切っているのでよりはの方が出アガリが期待できると言えます。

53-7-min

 字牌とはいえここまで生牌の役牌となるとトイツ以上で持たれている可能性も高い。生牌と1枚切れの役牌なら10巡目以降は1枚切れの方が山に残っている(『現代麻雀最新セオリー』)のと同様に、比較的メンツを構成しにくい1枚切れ中張牌の方がツモりやすく出アガリしやすいとみてはツモ切り。実際には東家にトイツで持たれていました。

 結果的には東家がポン打でダマの南家に放銃。アガリには結びつきませんでしたが、少しでもチートイツのアガリ率を上げようとすれば考慮することが多々あることを知らされる一局でした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top