麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第62回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第62回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節四回戦B卓

▼対局者
私:独歩
Ⓟ木原浩一
Cさん: シンプルなワキガ
小林剛

牌譜はこちら

 62_1-min

 この手牌ならもちろんホンイツトイトイ狙い。とツモれば三倍満まであります。

62_2-min

 2600止まりですが東家がテンパイ濃厚ということもありひとまずはテンパイ取り。もし東家の鳴きがなければ、

テンパイに取ってツモまたはポンのホンイツトイトイ変化より、

テンパイ外しの打ツモまたはチーのチンイツ変化を狙う方が有力。

ツモで700−1300をアガるより、待ちの跳満テンパイの方がよいというのがポイントです。

62_3-min

 カンするとリャンメンがカンチャン待ちになり、ドラが乗らなければ2600→3200止まり。しかし自分で5枚持ちのは東家に対していかにも危険牌。もちろん待ちを絞ることはできませんが、本当に待ちなら放銃を回避できるだけでなく、東家のアガリの可能性を大きく減らせることにもなります。

62_4-min

 結果的にはカン待ちの東家がをツモ切って一旦アガリ逃しになりますが、テンパイが入った西家から3200和了。西家のテンパイ取りもで迷いますが、今回のようなカンは想定しづらく、東家のが鳴かれていないのでからの打の可能性も低い。トイトイへの当たりにくさでが選ばれるのもやむなしというところでしょうか。

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top