麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第77回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第77回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦B卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
多井隆晴
Cさん:シンプルなワキガ
小林剛

牌譜はこちら

77_1-min

 チートイツ1シャンテンでしたが残ったトイツが比較的鳴きやすく、西家とトップ争いをしていることもありポンでトイトイ2シャンテンに受けます。

 鳴いて何を切るかですが、はコーツになればダブ東トイトイで12000。1枚切れでも生牌と比べてコーツのなりやすさに大差あるわけではないので打点的に残すとして、も三色同刻の12000があります。しかし重ねたうえで鳴きにくい両方をコーツにする必要があるとなるとを残して打としそうでした。

77_2-min

 をツモったところで先切りで安牌の残し。ポンの時点で打としなかったのには三色同刻だけでなく、クイタンなら必要になりやすいを早い段階で切るとトイトイが読まれやすくなることを嫌ったというのもありそうです。

77_3-min

 南家から3900をアガって暫定トップに立ちます。

77_4-min

 同じ1枚見えカンチャンなら、東家北家に持たれていない可能性が高いカンを残しそうです。より先にが切られたことからメンツ候補が足りている、より後からが手出しで切られたことで周りのメンツで完成しているとするならテンパイしている可能性もそれなりにあるとみてのピンズ落としでしょうか。

77_5-min

 オーラストップ目の役確定手なので、シャンテン変わらずでもテンパイする受け入れが増えるならでもチー。当然と言えば当然ですが意識していないとやりにくい選択かもしれません。結果的にはアガれませんでしたがトップのまま終了となりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top