麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第76回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第76回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節二回戦B卓

▼対局者
私:就活生@川村軍団
多井隆晴
Cさん:シンプルなワキガ
小林剛

牌譜はこちら

76_1-min

 配牌でいきなりチートイツ1シャンテン。テンパイ時に単騎に受けられるようにマンズカンチャンを外しそうですが、トイツが出ればポンしてトイトイで満貫、トイトイにしなくても高打点が狙える手。チートイツをテンパイする前に鳴ける牌が出ることも多く、そうなった場合は先にマンズを落としていると待ちが絞られやすくなり警戒されやすくなるというデメリットもあります。それも考慮したうえでの打でしょうか。

76_2-min しかし実際は次巡ツモでチートイツテンパイ。待ち頃の牌を待って手変わり待ちしているところに南家がダマで満貫のアガリ。単騎でリーチできていれば西家からの出アガリができていたかもしれません。

76_3-min

 をポンするとが雀頭になるので、チーよりも受けが狭い1シャンテン。しかしスルーした方がアガリやすいとまではいかないでしょうし、供託も2本あるので守備力を落とすデメリットもさほど気にすることはないとみて鳴きそうでしたがこれをスルー。

76_4-min スルーしたことでが重なりポン、そしても重ねてポンの満貫テンパイ。一度鳴いたら打点が変わらないことが多いので手が進む牌が出れば鳴いていくのが原則ではありますが、今回のようにトイトイやホンイツ、ドラ引きで高打点になる可能性もあります。そこまで踏まえれば、メンツが作りやすいところは一旦スルーという戦略が有効になることもそれなりにありそうです。

76_5-min しかし結果は西家がをツモって跳満。テンパイを遅らせると自然と打点が上がりやすくなるのは確かですが、それは相手にも同じことが言えます。このあたりの問題にいかに折り合いをつけていくかが個人的にも課題になっています。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top