麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第83回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第83回

CABO求人MEWS
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節三回戦B卓

▼対局者
石橋伸洋
Ⓟ木原浩一
Cさん:トトリ先生19歳
多井隆晴

牌譜はこちら

83_1-min

 よりも先にピンズリャンメンを外している南家はソーズホンイツ濃厚ですが、そう読めるということはソーズや字牌を切らなければ振り込むことはないということ。片アガリかつ二度受けのピンズが残りますが、スルーするよりはアガリやすいでしょうからドラをポンして打

83_2-min

 雀頭のもポンしてテンパイする受け入れを増やします。この手なら手牌を短くするリスクを気にすることもないですね。

83_3-min

 南家の待ちがリャンメンならに絞られ振り込むと5200以上ですが、悪形テンパイのケースもあるので親の満貫リャンメンテンパイなら流石に勝負でしょうか。

 今回のようにドラが固まってない場合でも鳴き自体は悪くないとみますが、その場合はテンパイであっても放銃率も放銃打点も特に高い牌を引くようなら止めます。「鳴き過ぎ」で勝てない人は鳴き方だけでなく、鳴いた後の押し引きミスが無いかを確認したいところです。

83_4-min

 1メンツもない手で安手になりやすいこともあってかをスルー。個人的にはピンズや字牌重なりといったホンイツやトイトイで高打点が見える牌を引く場合もをポンしていた方がよいのでポン打としそうでした。

83_5-min

 を切ってチャンタかトイトイと思いきやダブ東ホンイツ1シャンテンに。

83_6-min

 チートイツドラドラ1シャンテンですが巡目も深くアガリが厳しい。は東家のロン牌ではないとしても鳴かれやすいところなので、一旦は止めてそうです。これで東家がテンパイ。ここまで残っているがフォロー牌とするなら、序盤にが切られているとはいえカンが濃厚。待ちがかなり絞れている場合は、「通りやすい」読みより、「当たりやすい」読みを優先します。

83_7-min

 のラグが2回ともあったので北家の視点からは東家は雀頭。石橋プロのtwitterによるとテンパイからの待ち替えのケースも考えにくいのでほぼカンと読んでいたそうです。とはいえからの打も全くないわけでなく、が通ると分かっていたとしてもが残っていない以上を切ればよいのではと疑問に思いましたが、待ち読みに集中してそこまでは頭が回らなかったそうです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top