麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第92回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第92回
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討
2018年02月13日 20:00
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節四回戦C卓

▼対局者
私:タケオしゃん
Bさん:就活生@川村軍団
Cさん:福地誠
Ⓟ小林剛

牌譜はこちら

92_1-min 5ブロックに受けるなら打ですが、鳴きチャンタは1翻、トイトイは2翻。より高打点になる受け入れ枚数が多くなるように6ブロックに受けます。

92_2-min 他家が使いにくそうで鳴きやすそうなを重ねて狙い通りのトイトイテンパイ。

92_3-min 対面から5200和了。南家はを切っているにもかかわらずポンしてトイツ落とし。明確なトイトイ狙いで、トイツより価値が高いトイツが待ちとして残っているということになります。ドラ3で何としてでもアガりたい手ではありますが、がトイトイに当たる可能性が高いと読めるうえに、スルーしても1シャンテンではある以上はスルーした方がよかったと思います。

92_4-min 満貫ツモか跳満出アガリ条件のオーラス。ロスになりますがツモなら雀頭の良形1シャンテン。ドラのがコーツにならなくても逆転条件は満たすので、止められやすいドラが待ちにならないに越したことはないとみての3メンチャン固定。

92_5-min 1シャンテンになりましたが、受けよりはピンズ中膨れの変化残し。ソーズが場に高くピンズが安いというのもあります。

92_6-min 一度切ったも引き戻して更に手広い1シャンテンになってから、結果的にはドラがアンコになってテンパイ。リーチすればどこからアガってもトップですが、流局で連荘なら西家北家もリーチに押してくるとは考えにくい。南家への直撃期待でダマに受けます。

92_7-min をツモって6000オール。逆転トップとなりました。

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 独歩
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)