麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第18回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第18回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節二回戦A卓

▼対局者
小林剛
タケオしゃん
独歩
ASAPIN

牌譜はこちら

 リャンメンターツが足りているので一見は不要牌ですが、ツモからツモで3メンチャンを作りつつソーズの二度受けを払う変化もあります。を引っ張ることで待ちが読まれにくくなるというのも一応あります。安牌を残す必要性の薄い序盤なら切りでしょうか。

 ツモからの変化は二手先の話なので、これなら重なりからポンできる変化残しに分があるでしょうか。

 からツモれば1翻高くなります。を先にツモらなかった場合はのシャンポン受けが残っていた方がよいので、これだけなら5ブロックに受けそうですが、南家西家の切りが早くが山に残っていそうというのもあり6ブロックに受けます。

 は山に残ってそうとはいえ、リャンメンが使われてそうと読める要素は特に無いのでこの裏目は致し方ないでしょう。

 リーチ宣言牌がであればカンも警戒されやすい一方、であればカンは大体通ると読むのがセオリーですから、ここで先にを切る手も考えられます。(実際は北家にトイツですが)、北家南家はを持ってなさそう、一方東家はよりが先なのでからの打のようにを持っている可能性が比較的高いと読んだというのもありそうです。
 もし宣言牌切りリーチのカンが通常のカンと同程度、切りリーチのカンがリャンメンと同程度にまでアガリやすくなるのであれば、テンパイ打牌が他家の安牌になりやすいことも踏まえると切りに分があるとみます。しかしながらそこまで差がつくとは考えにくい(が山に残っている可能性が高いなら、警戒されてもツモれることが多く、その逆も然り)ので個人的にはを切ります。結果的にはをツモって裏目になりました。

 に受けてもに受けても実質悪形。打ダマならツモでも多メンチャン。ツモなら平和にイーペーコーと単純な良形変化以上に強い手変わりが豊富にあります。特に条件が無ければノベタン、亜リャンメンでもリーチしますが、実戦では場に多く切られている、強い手変わりがあるといった要素が重なることも少なくありません。

 ダマ30符3翻テンパイはリーチが原則ですが、この巡目で親リーチとなると出アガリは期待しづらい(1メンツかぶって河も弱いので、を先切りしているとはいえ安牌に窮した他家からが出ることも考えにくい)。一方ダマならは誰がつかんでもツモ切られそうな局面です。供託1本と2本場があるのでリーチの打点上昇効率も若干下がっているというのもあります。
 ただし、ダマなら誰がつかんでもツモ切るということは、それだけリーチしてツモれる可能性も高いということ。残り局数が少なく順位争いをしている局面ならともかく、東1ならそれでもリーチしてそうです。

 結果的にはリーチしていれば単騎で止められそうだった南家から出アガリ。一歩リードする形となりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top