麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第50回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第50回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦A卓

▼対局者
Ⓟ谷口浩平
タケオしゃん
Ⓟ川崎たかし
おじさん

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

牌譜はこちら

 ツモでも南重なりからのホンイツ変化が残せるようにトイツ落とし。

 が4枚見えて残りは1枚。ツモでリーチを打たない手なら手変わりのためには残すべきとみます。を残すとツモで受け。でも平和がつく形になります。ロスが1枚のみなら南重なりからのホンイツ変化もみていっそ打がいいかもしれません。

 南家はリャンメンからチーしてと678三色両方の受けが残る形。高めまで4翻に届くから鳴ける方が望ましかったのですが、でもポンしてテンパイにはとる一手。他家から見て待ちは想定しにくいので案外アガれそうです。残り1枚のをツモった場合もカンすればフリテンになりません。

 他家全員からテンパイしてそうな仕掛けが入ったところでドラツモ。ひとまずは1シャンテンを維持する打としそうですが、全員に通ってないうえに放銃すると高いドラとなると、ツモの確定平和一通ですら押すに見合うといえるか微妙。それならドラが重なるようならツモでもテンパイできる方がよいので切りの回し打ちというところでしょうか。テンパイしても勝負できるか微妙な浮き牌が残った場合は、その浮き牌からメンツを作ること前提で手組をすることで後手からでも押し返せることが増えます。

 東家は更に通っていない生牌を引いたところでほぼ降り。仕掛けている3人のツモり合いになり北家がをツモって1000−2000のアガリとなりました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top