麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第57回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第57回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦C卓

▼対局者
Ⓢ福地誠
Ⓟ木原浩一
就活生@川村軍団
独歩

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 打としてソーズを引いても、2600→8000ならソーズホンイツ狙いでマンズカンチャンを落とす手なので一手前のこの段階で打

 今度はホンイツにならなくてもドラ引きなら5200以上。ドラ待ちが残るとアガリにくいというのはありますが、先にドラを引くこともあるのでこちらは打としそうです。

 ダブが重なったところでペンチー。1シャンテンになる受け入れでは雀頭固定の打が勝りますが、ピンズの浮き牌にくっついてもダブドラが出ていく1シャンテン。受けの分だけを使える受けが多い打としそうですが、ドラ受けのカンチャンまで払っている南家がソーズ染め傾向ということで早めにソーズを切りたかったというところでしょうか。

 見えていない役牌はのみ。この段階では他の字牌を切ってもアガリ率はあまり落ちず、親にダブがトイツで鳴かれて手が進むとこちらのアガリ率は結構下がります。東を抱えることで放銃リスクは増えますが、満貫以上狙えるとなればアガリ率を優先したいところですし、もしラス牌の東が重なるようならこちらが一方的にアガれる形になります。親に鳴かれることを想定するなら、このはアガリを目指すうえで絞った方がよく見えます。

 ただし今回東家は1枚目のはスルーして2枚目を鳴いています。結果的にはスルーした直後に東が重なったケースでしたが、三色や一通、あるいは東の重なりに期待して、2枚切れのペンが残るとなおのことアガリが厳しいと判断してアガリに遠いところから仕掛けた可能性も想定できます。その場合は後から東家がを重ねるケースもあるので東から切った方がよいことになります。

 結果的には東家が3900オールをアガリ大きなリードを許す形となりましたが、最初からダブトイツなら1枚目のから鳴かれることが多く、トイツ以外のケースも想定しやすかったので致し方なかったのかもしれません。何気ない字牌切りの順番であっても、考慮に入れることは何かと多いものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top