麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第78回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第78回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節四回戦C卓

▼対局者
多井隆晴
タケオしゃん
Ⓟ谷口浩平
独歩

牌譜はこちら

 次節(11月30日)まで期間が空くので、これまでの対局の中で気になった局面を取り上げていくことにします。

 もそこまで必要な牌ではないので打と迷いますが、トップ目でドラを使わなくても高打点になりやすい手につき早々とドラ切り。

 アガリ率重視と言ってもシャンテン数重視とは限りません。引きで1枚切れのシャンポンリーチを逃す代わりに手広いくっつき1シャンテンでタンヤオもある。打で2シャンテンに戻す方がアガリやすそうです。

 打点が必要ならピンズ4連形からはまだスルーしそうですが、この局面なら1シャンテン取り。西家の現物を残してから切ります。

 チートイツ、面子手両方の1シャンテンでしたがが残り1枚。チートイツに決めます。

 前巡は自分で切っているを残してもテンパイ時に白を切ればフリテンになることはなく、守備力でもを残していた方がよいので切り。テンパイ時にチートイツと読まれづらくなるのもメリットです。

 単騎よりアガリやすくなる手変わりも少ないのですが、ドラを早々と切って赤入りリャンメンを鳴いている南家、同じくドラの出が早い東家に押し返されるリスクを懸念したうえでのダマというところでしょうか。個人的には他家がアガリに近そうとはいえこちらは先制テンパイ。ドラを切っているならその分放銃しても打点が高くないことが多いとみてリーチしそうでした。

 実際単騎でテンパイした時点で東家南家ともに1シャンテン。東家からリーチが入り無筋をツモったところでトイツを落として回ります。

 もアンコになってあわや四暗刻というところまで行きましたが、無筋を2枚引いたところで撤退。

 カンでテンパイを入れていた南家が東家とのめくり合いを制してツモアガリ。トイツ落としからのリャンメンチーという機敏な仕掛けが功を奏しました

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top