麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第127回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第127回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第五節四回戦B卓

▼対局者
ASAPIN
おじさん
Ⓢ福地誠
℗木原浩一

牌譜はこちら

 チートイツ1シャンテンならドラ字牌を残すのが基本ですが、今回はタンヤオがつくので東を切っても打点が下がりにくい。アガリやすさに関しても単騎の方が高そうです。重ならない限り手が進んだ時に切られるドラ役牌は、他家に鳴かれる可能性を下げるためにも先に切ります。

 1枚切れ単騎よりは、比較的他家が使いづらそうな単騎リーチ。1翻下げても打点が落ちにくいのでなおさらです。東家から6400を出アガリ。

 チートイツ1シャンテン。10巡目でドラ引きからメンツ手でアガれる可能性は低いのもあり、比較的山に残っていそうなを残してドラ表示牌のを切りそうです。

 こちらもアガリにくいドラ表示牌単騎よりは、1翻下げても比較的他家が使いづらい単騎。オーラスは自分が親なので、1600でもアガれば次局のみ手以外は出アガリトップ。リーチしてアガってもトップに届かないことがあり、届いたとしても次局アガらなければ逆転される展開が多い。それなら放銃を回避できる可能性も踏まえてのダマでしょうか。個人的には、ラス前で競っている局面ならなおのこと加点のメリットが大きいとみてリーチしそうです。東家からリーチが入った後で北家から出アガリしました。

 打点は大差ですが、アガリトップ、なおかつアガらなければトップになれないのでドラをツモ切り。

 結果的に次巡ツモでアガリを逃しますが、チーテンを取ったトップ目の南家からロン。トップを捲ることができました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top