麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第136回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第136回

CABO求人MEWS
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第六節三回戦B卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ谷口浩平
ASAPIN
小林剛

牌譜はこちら

 ラス前で3着目とも大きく離されたラス目。234、678三色、ドラ使いをみて打

 中ぶくれ形3つの珍しい形。を切ればマンズかソーズでリャンメンが出来た時にの形が残りツモでテンパイに取ることができます。

 しかし中ぶくれ形からは2面子見込むことも容易なので、面子候補不足でも実質面子候補が足りているとみなしてを安牌として抱えるロスも小さいと言えます。個人的には前巡の時点で打としそうですが、「5ブロックが揃ってから安牌を持つ」「5ブロック揃いそうなら一手前の段階から安牌を持つ」のどちらが優れているのかを比較するのは難しいです。

 点数状況的にツモでカンリーチを打つよりは、のくっつき1シャンテンがよいとみて打としそうです。

 平場ならアガった時の平均打点、放銃率、放銃時の失点を踏まえて打リーチとするところですが、点数状況的に満貫に届く可能性を最大にするのがよいとみて打リーチ。点差のついたラス目ならではの選択です。

 オーラスアガればトップ2着目。役牌を重ねるに越したことはないので打は234三色がある)としそうです。

 点数状況的に西家からはチンイツやメンホンのメンツ候補が揃わないうちは字牌が出てこないので、ピンズホンイツ変化までみて打切りもこの手順を想定してのものでしょうか。西家はともかく東家北家からはの出が期待できるのでいずれにせよ1シャンテンには取りそうです。

 トップ目の東家は早々とチートイツテンパイ。西家のマンズ切りは面子から落とされたものだったので単騎ですぐアガることができました。同じ単騎待ちでも、「他家の手の内からすぐにでも切られる不要牌」で待つことが出来ればアガリ率は飛躍的に上昇します。狙って待てるケースはなかなかありませんが、単騎待ちテンパイになる時は特に他家の手牌構成を意識しておくようにしたいものです。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top