麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討  第164回

ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討 第164回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第八期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

最終節一回戦

▼対局者
ASAPIN
Ⓟ多井隆晴
Ⓟ石橋伸洋
Ⓟ小林剛

牌譜はこちら

4人全員に優勝の目が十分に残された最終節。高めを引けば鳴いても満貫に届く手。通常なら2枚目ということもあり鳴くことも多そうですがスルー。トップ取りを意識した選択。トップ目が親なのでなるべく高い手をツモりたいというのもありそうです。

手牌だけならタンヤオ、三色がつきやすいようにソーズのリャンメン固定で打ですが、リーチツモドラ2でも満貫につき、待ちとして残った時に比較的強い待ちを固定する打。メンゼンでのアガリを強く意識した打牌です。

リーチの一発目。のワンチャンスでリャンメン以外に当たりにくい、あるいはトイツ落としより先にが切れていることからソーズ待ちは薄いとみてを押す手もあったように思います。ただしピンズがのエントツ形なので、現物切りの打でもテンパイ時には必ず良形が残ります。

私はを押しそうでしたが、このあたりの押し引きの兼ね合いは難しいものです。

対面との点差が更に離れたラス目。下位とも点差に余裕があるので、なるべく高い手を狙いたいところ。そうなるとカンリーチドラ1や、残り5枚のリーチピンフドラ1の受け入れを残すメリットは薄い。が1枚切れている分、残しが強い受け入れの多さで勝ります。形としてはなかなか選びづらい一打です。

 あたかも選択に抽選がこたえるかの如く、とツモって跳満。これでオーラス何をアガってもトップになりました。

 今度はリーチドラ1のペン待ちでもよく、ツモでも待ちと単騎なら手変わりも含めてアガリ率に大差なさそう。テンパイする受け入れが多い打を選択。

 単騎から待ちに手変わりしてツモアガリ。もしを先に外していれば、手変わりしたところでを切って対面のアガリで終わっていたかもしれません。見事な逆転劇で優勝に向けて天鳳位が一歩リードする展開となりました。

新着記事

Return Top