麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討  第20回

ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討 第20回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの第九期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第八期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第九期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第二節三回戦B卓

▼対局者
お知らせ
Ⓟ木原浩一
おかもと
Ⓢ福地誠

牌譜はこちら

東2局

をポンして打が2枚切れ、トイトイにするにはもう1つトイツを重ねる必要があるとなるとスルーしてチートイツ本線で進めるのと迷うところです。

3フーロしてノーテンですが他家に圧力がかかりやすく、リーチをかけられても3フーロの割には降りやすい手組。遠い仕掛けを実行するかどうかは他家からどう見えるかでも判断が変わりそうです。うまくを重ねて800-1600のアガリになりました。

東4局

の形はツモで雀頭を作りやすい形が残るという利点がありますが、逆に言えば有利なのは先にをツモった時のみ。ターツから雀頭ができるケースもあるのでここは打とします。

南1局1本場

南家がドラをポンしてマンズホンイツ傾向。が切れたのでテンパイ率も高そう。トップ目からのみ手ペンリーチはリスクが高いようにも思います。

しかし通っている牌を切ってテンパイかつペンは場況的にも悪くない。南家以外からの出アガリもあるので、南家がリャンメンテンパイだとしても放銃率がアガリ率を上回ることはなさそうです。アガられればトップを捲られ、満貫放銃でもラス落ちはないとなればリーチに分があるでしょうか。分の悪そうな勝負もあくまでどちらが割がいいかで判断します。

高めが跳満なのもありますが、もし北家のリーチが待ちであれば、止めていれば勝てた公算が高いにも関わらずアガリのチャンスを逃したことになります。アンコで持っている待ちが特別放銃率が高くなるわけではありませんが、「アガられずに済んだ公算が高い」という理由で自分でアンコで持っている牌を切らずに手を進められるならそれに越したことはないとみます。

しかしアガリ逃しからの放銃という絵に描いたような最悪の結果。個人的には麻雀を打っていて心が折れそうになる展開です。放銃リスク覚悟でリーチに踏み切った福地氏がこの後もアガってトップを守り切りました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top