麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討  第7回

ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討 第7回

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第十期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節三回戦2卓

▼対局者
お知らせ
Ⓟ堀慎吾
おかもと
Ⓟ松ヶ瀬隆弥

牌譜はこちら

東2局

ツモでもメンツが完成してくっつき1シャンテン。ピンズは何を引いても受け入れが増える。を暗刻で持っているので周辺の手変わりが薄い。他に何も無ければシャンテン戻しの打が手筋ですが、を残してツモなら567三色への手変わりがあるので打でしょうか。

珍しいヤオチュウ牌をアンカンして役有り確定高打点ダマ。他家からしても聴牌なら当然リーチが入ると考えるのでなかなか止まらないところです。

東4局

リャンメン役有りダマ5200のリーチ判断。中盤ならリーチされることが多そうですがダマを選択。

東家が安牌を抱えて先切りしたを捕らえての和了。一般論としてリーチが選ばれやすいのは、ダマなら他家が和了に向かって真っ直ぐ進めることを想定するため。今回のようなケースを考慮すればさほど山に残ってそうでないなら案外ダマが有力かもしれません。

南2局

南場トップ目につき打点より和了率を優先したいところ。客風のポンが入るとドラの役牌は絞りがちですが、もし南家にドラが対子なら、客風ポンから真ん中のカンチャンを落とすような目立つ手順にはなりにくいもの。遠いホンイツ狙いでを持っていても1枚止まりとみるなら、途中で重ねられる前にこのタイミングで切り飛ばすのがベストタイミング。手牌進行を意識していなければなかなか選べない打牌です。

ソーズと風牌は何を引いても1シャンテンの形。しかも風牌を引くようなら役満1シャンテン。をチーするくらいならツモ期待のスルーに分があるようにも見えますが比較が難しいです。

ホンイツ傾向の他家がより後から切り。残りの組み合わせから生牌の風牌が本線。にも関わらず切っているのは、止めた結果親に和了されくらいなら2600放銃で局消化した方がよいという判断でしょうか。仕掛けのタイミングからもが持たれているケースも少なそうではありますが、なかなか踏み切れなさそうです。

南4局

東家はと手出し。より優秀なメンツ候補が残っていると考えられますが、リャンメン残りだとするならの振り替わりもあるのでを雀頭で残しそうなもの。残りのメンツ候補は役牌トイツで、役役ドラ1あたりの逆転手聴牌と考えられます。リーチ者もと切っていては悪形待ちにも当たりにくいところ。で凌ぐところだったでしょうか。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top