麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第1162回「『必勝!麻雀実戦対局問題集』編 その10 著:多井隆晴」

ネマタの戦術本レビュー第1162回「『必勝!麻雀実戦対局問題集』編 その10 著:多井隆晴」

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるもの、または更に掘り下げたい部分等を取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

▼書籍版


▼Kindle版

問題11 アガりたい手のペンチャン

「アガりたい手」と言っても、アガりたくない手などあるはずもないので、一手進んだ時に「ペンチャンが残った手牌」と、「ペンチャンを落として浮き牌が残った手牌」とどちらが良いかで比較することをお勧めします。

今回はをツモった時で比較。既に赤ドラ2枚に三色目もあるとはいえ、ペンテンパイとの形が残るくっつき1シャンテンなら後者の方がアガりやすそうです。もちろん打点面でもタンピンがあるので後者有利です。練習問題も同じ要領でペンチャン落としが有利であることが分かります。

問題12 赤牌を見切るタイミング

(残りはメンピン赤の良形残り1シャンテン)からを切って安牌になりやすいを残すかどうかの前に、からを切るかを切るかを考えます。こちらによると、巡目が深くないうちはどちらを切っても微妙というところ。平和がつく牌姿(刻子ができると平和がつかない)であること、を切ってまでを残すと待ちが読まれやすいことを踏まえると、巡目に余裕があるうちは打にやや分があるとみます。

が安牌)からを切るかを切るか。こちらも平和がつく牌姿だといずれにせよ微妙というところです。

以上を踏まえると、今回はが1枚切れで完全安牌とまではいかないこと。は北家以外には片無スジ止まりであることも踏まえて残しにやや分がありそうです。もちろん巡目も深くなっているので、次巡以降共通安牌を引いた場合は安牌残しに分があるとみます。いずれにせよ微妙な比較になりやすいので特に押さえておきたいところです。

練習問題①は即使える受けがあると手変わりが必要なの違い。練習問題②のは他で雀頭が出来た時に良形が残るうえに一通目が残る牌でもあります。通常の浮き牌より良形を作りやすいうえに打点絡みであることを踏まえるとより価値が高いまでありそうです。3択の中では同じドラでもよりが使いにくいのでを切りますが、高打点の価値が比較的高い局面なら打も有力。一旦3シャンテンに戻りますがも浮き牌として強力。それならまで残して最大限手変わりをみる発想です。

必勝!麻雀実践対局問題集

もうこれで迷わない!

最速最強と言われるプロ多井隆晴が、実際にあった30の対局場面をもとに明かす麻雀の絶対正解!これで絶対に強くなる!
全ページフルカラーでMリーグ実戦譜を再現!

▼目次項目の一部はこちら!
端っこ待ちならツモ切りリーチ!
アガりづらい8000よりアガりやすい5200
手詰まりたくないなら配牌オリ
親のリーチは魔法の言葉
大きく負けてる親番では焦らず大物手
地獄単騎はアガれる
赤牌を鳴かせることが得になる場面もある
カンチャン待ちリーチをシステム化するな

購入はこちら

▼書籍版


▼Kindle版

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top