麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第5節 寸評-

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第5節 寸評-

CABO求人ニルウッドカバー

 第12期雀竜位・斎藤俊プロ(日本プロ麻雀協会)によるプロ対局の寸評がスタートしました。今回は6月19日に行われた「雀王戦Aリーグ第5節」です。

雀王戦Aリーグ第5節

雀王戦Aリーグ第5節
順位氏名第5節TOTAL
1 鈴木 達也 145.9 350.8
2 角谷 ヨウスケ 6.9 263.9
3 矢島 亨 ▲23.1 198.5
4 小川 裕之 ▲4.5 186.2
5 金 太賢 ▲28.2 168.8
6  橘 哲也 ▲65.9 143.0
7  鈴木 たろう 50.8 140.5
8  佐久間 弘行  159.2 63.1
9  仲林 圭  ▲80.0 ▲29.2
10  宮崎 和樹 ▲90.1 ▲59.0
11  蔵 美里 ▲116.3 ▲237.9
12  伊達 直樹 ▲20.3 ▲268.6
13  土子 貴智 ▲73.4 ▲272.3
14  鍛冶田 良一 127.3 ▲303.2
15  阿賀 寿直 11.7 ▲352.6

 

卓上のファンタジスタこと鈴木達也がこの日魅せる。結果を先に言ってしまえば全連帯で145.9 Pを叩き、トータル首位に立つことになる。

本放送で「ある」解説者は

『達也はね、山読み、手牌読みが上手いからね!ぱっと見が愚形でも山に厚ければリーチするだろうし、七対子のイーシャンテンとか牌の残し方も上手いんだよー』と偉そうなことを言った。

クイズ:達也にこんな偉そうなこと言う解説って・・・誰だ!?(正解は最後に)

 

東4局 ドラ

親番の達也が二枚切れのカン待ちでヤミテンに構えていたところ、

 ツモ

となりノータイム切りリーチを敢行。は一枚切れではあるが場況的にはどちらも良い待ちに見える。そして当たり前のように一発目は。こんな4000オールがあっさりと決まるあたり、ファンタジスタの面目躍如である。決定戦進出、雀王奪還に期待がかかる。

 

放送最終局に大変興味深い一局があったので紹介する。

南4局 2本場 供託1000 ドラ

東 達也 36100
南 金 6800
西 小川 21500
北 矢島 34600

達也はノーテン宣言で終われない、また1600以上の放銃やマンガンを親かぶると必然的にトップから落ちる。矢島は和了トップで小川はハネツモでトップになる。金はハネツモで3着になり、小川からだとマンガンの直撃で3着になる。

最初のテンパイは達也。和了した時点で次局ノーテン宣言が可能なためヤミテンに構えていたところ、下のようになる。

金が七対子のテンパイとなる。捨て牌は露骨な七対子ではあるが、ツモ裏裏で着順アップなので切りリーチをかける。

a0002

既にテンパイしていた達也の一発目。

a0003

達也は金のリーチは七対子と読み切った上で、なおかつ待ちごろ、山に厚そうなを警戒して一旦を打ち回す。

同巡矢島がチーテンを取る。
次巡達也テンパイできない・・・
次々巡もテンパイできない・・・

そしてテンパイしている矢島が金の当たり牌のを掴む。当然止まらない。
終わった・・・・

と思ったら金は矢島から見逃し!
確かに矢島からの出上がりでは裏裏でも順位は変わらない。金の描いたストーリーは小川の一人ノーテンによる流局で、次局マンガン出上がり可なのでそこで勝負・・・と。

結果的には金が矢島に放銃という結果になり、矢島がトップになった。オカやウマの大きな協会ルールのリーグ戦ならではの駆け引きが凝縮されたオーラスと言えよう。

寸評始めて思ったけど、やっぱり見ごたえありますよ。拾いたい局が多くて多くて。皆様も是非見てみてください!

≪クイズの答え≫
そんなこと言う人は⇒⇒⇒【斎藤俊】でしたー!
てへ(*‘ω‘ *) もちろん発言に悪意はありません!
本当に本当にいつもすみません!

---------------------------------------

日本プロ麻雀協会の最高峰リーグ、雀王戦Aリーグ。全10節・40半荘を戦い、成績上位3名が現雀王・木原浩一への挑戦権を得る。19日には第5節の模様がスリアロチャンネルで生放送された。斎藤俊プロは3~5回戦を解説した。

【対局者】
鈴木達也 矢島亨 小川裕之 金太賢 宮崎和樹
※5人打ち。各回1人抜け番で5回戦。

【解説】
木原浩一(現雀王) 武中進 斎藤俊

【実況】
松嶋桃 愛内よしえ

この記事のライター

斎藤 俊
入会1年目から雀竜位C級予選から駆け上がり第12期雀竜位を獲得。
門前と鳴きを使い分け、バランス良い麻雀を打つ。

新着記事

Return Top