麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/15 Mリーグ2021 2戦目結果】南場の逆転で瀬戸熊直樹がトップを勝ち取る! 近藤誠一は驚異のビタ止めで魅せるも3着に

【10/15 Mリーグ2021 2戦目結果】南場の逆転で瀬戸熊直樹がトップを勝ち取る! 近藤誠一は驚異のビタ止めで魅せるも3着に

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」8日目が10月15日(金)に開催された。

10月15日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃渋川難波 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/15 Mリーグ2021 1戦目結果】沢崎の裏4倍満ツモが炸裂し個人連勝!

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田賢近藤誠一瀬戸熊直樹内川幸太郎の対戦。近藤は連闘となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局1本場は園田がドラ3のペン[三]でリーチ。ツモって2000・4000のアガリで一歩リード。

東2局1本場 園田 リーチ・ツモ・ドラ1・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東3局1本場、園田が[東]をポンして索子のホンイツテンパイ。アガリ牌の[3][6]がなかなか現れず、瀬戸熊がタンヤオピンフ赤赤の12000をテンパイしてダマテンに構える。これに園田が捕まり放銃。瀬戸熊がトップ目に浮上した。

東3局1本場 園田の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 瀬戸熊 タンヤオ・ピンフ・赤2 12000 ©ABEMA

東3局2本場、近藤はホンイツドラドラ配牌。オタ風の[南]をポンすれば12000の聴牌だったがこれをスルー。

その後園田から出た[白]をポンしてテンパイ。場1の[南]とドラの[8]待ちで聴牌となった。

 

東3局2本場 近藤の配牌 ©ABEMA

しかし2枚目の[南]はなかなか現れず、瀬戸熊が[二][五]でリーチ。近藤は当たり牌の[五]を掴んだが、これを切らずに[南]の対子落としでまわって張り返し、流局2人聴牌という結果となった。[南]のワンスルー、[五]切らずの両方で視聴者を驚かせた1局となった。

東3局2本場 近藤は跳満聴牌から当たり牌の5mでまわる ©ABEMA
東3局2本場 流局 ©ABEMA

東3局4本場、一向聴の瀬戸熊が園田のリーチに放銃。供託と本場で大きな収入に。

東3局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
東3局 園田 リーチ・裏ドラ 2600 ©ABEMA

東4局、瀬戸熊がドラを切って平和赤の先制リーチ。園田も平和ドラ赤で追いついてリーチ。待ち牌は園田の方が少なかったが、瀬戸熊から8000をアガってトップ目に立つ。

東4局 瀬戸熊リーチ ©ABEMA
東4局 園田 リーチ・ピンフ・ドラ・赤 8000 ©ABEMA

南2局3本場、には内川が平和赤赤の[4][7]リーチ。しかし親の近藤が[4][5]のシャンポンで追いつきリーチ。園田から[5]が出て近藤が3900のアガリで連荘。

南2局3本場 内川リーチ ©ABEMA
南2局 園田の手牌 ©ABEMA
南2局 近藤 リーチ・ドラ 3900 ©ABEMA

南2局4本場、先程放銃に回った園田が自風の[北]を仕掛けて瀬戸熊から3900のアガリで一歩リードして局を進めた。

南2局4本場 園田 北・ドラ・赤 3900 ©ABEMA

南3局、親の瀬戸熊が[発]をポンしてドラ3の満貫テンパイ。園田、内川も仕掛けていくも、瀬戸熊が4000オールのアガリで園田と瀬戸熊が同点に。

南3局 瀬戸熊 發・ドラ2・赤 4000オール ©ABEMA

南3局1本場、近藤が[南]をポンして索子のホンイツへ向かってテンパイ。[1]が槓子になり、暗槓して満貫になるも、結果は園田と近藤の二人テンパイ。園田が瀬戸熊と3000点差をつけてのオーラスとなった。

南3局 流局 ©ABEMA

南4局2本場、瀬戸熊に赤3の手が入り、[西][三]のシャンポン待ちリーチ。近藤がリーチ棒出たことで2着条件が満貫ツモになったので、ドラドラの手をリーチするも宣言牌の[三]はが捕まり、瀬戸熊が8000のアガリで園田をかわしてトップを勝ち取った。

南4局 近藤 リーチ ©ABEMA
南4局 瀬戸熊・リーチ・一発・赤3 8000 ©ABEMA
第2試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第2試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+61.9
2位 園田(ドリブンズ)+16.3
3位 近藤(フェニックス)▲26.9
4位 内川(サクラナイツ)▲51.3

第2試合点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

10月15日トータル結果

雷電(黒沢3着・瀬戸熊1着)+42.8
サクラナイツ(沢崎1着・内川4着)+11.3
フェニックス(近藤2着・近藤3着)▲8.5
ドリブンズ(村上4着・園田2着)▲45.6

瀬戸熊が今季初勝利。これで雷電はチーム4名全員がトップを獲得してチーム順位も首位に浮上した。個人順位では首位松ヶ瀬に続き本日連勝を決めた沢崎が2位につけた。未だ出番がない勝又は来週の試合で出番はあるのか注目が集まる。

10月15日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月18日の対局チーム ©ABEMA
10月15日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top