麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【2/22 Mリーグ2021 第2試合結果】24時以降まで続いた合計21局のロングゲームをたろうが8回のアガリで制する!ドリブンズは一歩セミファイナルボーダーに近づく!

【2/22 Mリーグ2021 第2試合結果】24時以降まで続いた合計21局のロングゲームをたろうが8回のアガリで制する!ドリブンズは一歩セミファイナルボーダーに近づく!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」80日目が2月22日(火)に開催された。

2月22日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:小林未沙 ©ABEMA
レギュラーシーズンポイント推移 ©ABEMA
2月22日 第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 寿人が大ピンチを切り抜けて久しぶりのトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:高宮まり

南:瀬戸熊直樹

西:多井隆晴

北:鈴木たろう

第2試合

東1局、多井が3副露して早々に索子のホンイツ満貫のテンパイ。

東1局 多井の手牌 ©ABEMA

しかし、[2][5]は他家に流れ、結果親の高宮、多井、たろうの3人テンパイで流局。

東1局1本場、瀬戸熊満貫ツモでリードし、東2局の親番で2000オールと軽快にアガリを決める。

東1局1本場 瀬戸熊 リーチ・ツモ・三暗刻 2000・4000 ©ABEMA
東2局 瀬戸熊 發・ドラ1・赤1 2000オール ©ABEMA

東2局1本場、高宮のリーチに瀬戸熊が追いかける。

東2局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA

しかしここは仕掛けたたろうが2軒リーチをかわしてアガリきった。

東2局1本場 たろう タンヤオ・ドラ1・赤1 3900 ©ABEMA

東3局は多井、たろうのリーチに続けて、高宮、瀬戸熊がツモ番なしリーチを敢行し4軒リーチに発展するが流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東3局1本場供託は4本。多井が6000オールのアガリで一気に突き抜けた。

東3局1本場 多井 リーチ・ツモ・海底・ドラ2・赤1 6000オール ©ABEMA

次局も多井が1300オールを加点するが、東3局3本場でたろうが2000・4000のツモアガリ。

東3局3本場 たろう リーチ・ツモ・赤2・裏1 2000・4000 ©ABEMA

東4局に親番を迎えたたろうが、2000オール、18000と加点し多井をかわしてトップ目に立った。

東4局 たろう リーチ・ツモ・ドラ1 2000オール ©ABEMA

たろうの親が落ちたのは東4局4本場。他家にプレッシャーを与えることにも重きを置いた[5]リャンメンチーから索子のホンイツへ向かうと、[白][中]のシャンポン待ちでテンパイ。

東4局4本場 たろうの手牌 ©ABEMA

このたろうの仕掛けに高宮がたろうの現物の[⑤]を切ると、ヤミテンで構えていた多井のアガリとなり、南入。

東4局4本場 多井 平和・赤1 2000 ©ABEMA

南1局は親番の高宮がラス牌の4mを引いて一盃口が完成してテンパイ。リーチしてツモアガリ、ラス目瀬戸熊との点差を広げた。

南1局 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・ドラ1 4000オール ©ABEMA

南1局1本場、高宮場風の南が暗刻で単騎テンパイ。良い待ち探しでヤミテンとすると、多井がリーチ。

南1局1本場 多井の手牌 ©ABEMA

高宮は多井の現物待ちの258p待ちに変化しヤミテンとするが、次巡8sで放銃。

南1局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

高宮は多井の現物待ちの[②][⑤][⑧]待ちに変化しヤミテンとするが、次巡[8]で放銃。

裏が3枚乗り、多井の8000のアガリとなった。

南1局1本場 多井 リーチ・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA

南2局 ラス目の瀬戸熊の親番、先制リーチも、ヤミテンに構えた高宮がアガリ切った。

南2局 瀬戸熊の手牌 ©ABEMA
南2局 高宮 タンヤオ・赤1 2600 ©ABEMA

南3局、ドラの[西]が対子で西家の高宮。多井が切った[西]をポンして8000のアガリでオーラスへ。

南3局 高宮 西・ドラ3・赤1 8000 ©ABEMA

このオーラス、たろうが連荘して3本場まで積み上げるが、最後は高宮がたろうとのリーチ対決に勝ちゲーム終了。

南4局3本場 高宮 リーチ・赤2・裏1 8000 ©ABEMA

第2試合は21局のロングゲームであった。

第1試合は15局、第2試合は21局と、放送時間は24時を超える長い1日となった。

24時からはABEMA麻雀LIVEチャンネルにての放送となった。

▼23時50分以降の枠はこちら

第2試合トップのたろう ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+76.4
2位 多井(ABEMAS)+17.8
3位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲21.4
4位 瀬戸熊(雷電)▲72.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月22日トータル結果

ドリブンズ(村上2着・たろう1着)+85.8
麻雀格闘倶楽部(寿人1着・高宮3着)+40.3
ABEMAS(多井3着・多井2着)+5.1
雷電(萩原4着・瀬戸熊4着)▲131.2

各チーム残り10戦。かなりボーダーが高めの今シーズンだが、7位のドリブンズは麻雀格闘倶楽部との直接対決を6戦控え、ボーダーを意識した打牌や戦略が見られてくるだろう。また、最終日の3月11日はドリブンズは対局がない。それまでにボーダーラインまで到達できるか注目が集まる。

2月22日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月24日の対局チーム ©ABEMA
2月22日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top