麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
佐々木寿人が好発進 たろうが苦しい展開に / RTDトーナメント2019 グループC 1,2回戦

佐々木寿人が好発進 たろうが苦しい展開に / RTDトーナメント2019 グループC 1,2回戦

CABO求人全自動麻雀卓スリム

『藤田晋 invitational RTDトーナメント2019』のグループCの1回戦、2回戦が6月9日(日)に放送された。

対局メンバー

佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)
鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)
藤崎智(日本プロ麻雀連盟)(初出場)
松本吉弘(日本プロ麻雀協会)

©AbemaTV

1回戦

東1局親番の寿人が2600オールのアガリでリード。しかしその後の1本場、東2局と連続でたろうがアガリをモノにしてトップ目に浮上。

東2局 たろうの8000 ©AbemaTV

しかし東3局1本場で寿人がリーチ・一発・ツモ・赤・裏2の3000・6000ですかさずトップ目に舞い戻る。

東3局1本場 寿人の3000・6000 ©AbemaTV

東4局ではここまで苦しんでいた藤崎がたろうから12000をアガり戦線に復帰。

東4局 藤崎の12000 ©AbemaTV

2着争いが接戦となった南2局、4着目だった松本がたろうのリーチを受けながらもドラ2赤1の七対子をツモり3000・6000、2着争いでリードを得た。

南2局 松本の3000・6000 ©AbemaTV

しかし土壇場で底力を発揮したのはRTD初参戦の藤崎、南3局の3000・6000、オーラスの3900で一気にトップまで駆け上がった。

たろうは好スタートをきったものの七対子での12000放銃が大きく響き4着スタートとなった。

南3局 藤崎の3000・6000 ©AbemaTV
1回戦の結果 ©AbemaTV

2回戦

東1局に寿人が赤3の手をリーチ。安めながらもツモり2000・4000の先制パンチを決める

東1局 寿人の2000・4000 ©AbemaTV

その後の親番東2局でもホンイツの12000のアガリでリードを広げた。

東2局 寿人の12000 ©AbemaTV

寿人がリードを維持したまま迎えた南3局、4着目の松本が4000オールをアガり2着目に浮上。

南3局 松本の4000オール ©AbemaTV

その後の1本場では寿人と松本が待ちの聴牌。松本は12000、寿人は1000点の手だったが、寿人の上家のたろうからが放たれ寿人のアガりに。この交わしが活きて寿人は逃げ切りトップとなった。

2回戦の結果 ©AbemaTV
2回戦終了時点のトータル ©AbemaTV

来週はグループC、3,4回戦の対局となる。

■最新情報はAbema麻雀公式Twitter(@abema_mahjong)で随時ご確認ください

©AbemaTV

関連記事

RTDトーナメントサバイバルマッチ結果

RTDトーナメントグループA結果

RTDトーナメントグループB結果

RTDトーナメント本戦組み合わせ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top