麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討  第71回

ネマタの天鳳名人戦牌譜検討 第71回

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第七期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第三節一回戦B卓

▼対局者
小林剛
Bさん:就活生@川村軍団
Cさん:シンプルなワキガ
多井隆晴

牌譜はこちら

71_1-min

 を鳴けば1シャンテン。メンゼンでテンパイしてもリーチのみになりやすいとなるとポンしそうですが、をポンすると雀頭がになり、面子が出来る代わりにリャンメントイツが1つ減ると考えると思ったほどは早くならない牌姿。それなら前局の失点もあるので打点重視のスルーでしょうか。ポンもスルーも元々どちらかがはっきり有利というほど差があるわけでもないので、残り局数がまだ十分あるとはいえ点数状況を考慮するに越したことはないでしょう。

 放銃したのは過去の話ですが、点数が沈んでいるのは現在の話。「過去や未来にとらわれない」と何度となく申しておりますが、過去や未来のことでもあり、現在のことでもある事象もあるので、正確には「現在のことでない事象にとらわれない」と言うべきでしょうか。

71_2-min

 結果的にはリーチのみを出アガリ1300でしたが、リーチのみでも一発ツモ裏も含めれば平均2600点程度。ツモ、また低確率ですがが中張牌の雀頭に振り替わりメンタンピンになど更に高打点になることもあります。数手先の変化はレアケースなので基本考慮するほどではないですが、レアケースも積もれば局収支上無視できない影響を与えるかもしれませんので、役牌の鳴き判断をもう少し詰めていければと思います。

71_3-min

 はリャンメン変化に加えドラ引きと567三色があるので受けよりは優先。

71_4-min

 今度は確実にタンヤオがつき、ツモでテンパイした時にが出やすそうなのもあり打。ただこの程度でも手変わりを残す打。ポンテンも取らないつもりなら打も考えられるので迷います。

71_5-min

 結果は1000−2000ツモアガリ。

71_6-min

 その後もアガリを積み重ねオーラストップ目で迎えますが、上家の4000オールで2着終了となりました。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top